ホーム >院長ブログ > 受け口が気になります

院長ブログ

受け口が気になります

2018年10月08日

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「受け口について」です。受け口は口元の問題ですから、歯の治療を行う歯科医院では一見解決できないように思えます。

しかし、受け口は矯正治療で改善が可能であり、実際にその目的で矯正治療を希望する方も多くいます。最も、凸凹の歯並びに比べて受け口はそれほど気にならないと思うかもしれませんが、特に成長期において受け口であることは大きな問題になるのです。

受け口の問題点

受け口だと、次のような問題が起こります。

・下顎が上顎の成長を妨げる
・前歯で食べ物を噛み切るのが難しくなる
・サ行とタ行の発音がしづらくなる
・表情にやわらかさがなくなる
・下唇が前で出ていることで口元の見た目が悪くなる
・噛み合わせが悪くなる

受け口が原因で見た目が悪くなる点についてはイメージできると思いますが、実は健康面においても大きな問題となります。成長期の子供の場合は顎の成長に支障をきたしますし、噛み合わせが悪いことで肩こりや頭痛など、全身に悪影響をもたらします。

顎関節症

受け口だと噛み合わせが悪く、噛み合わせが悪いと顎関節症になるリスクが高まります。顎関節症とは顎関節の慢性的な疾患で、発症すると顎関節や周辺に痛みを感じます。細かいものも含めると、非常に多くの症状が起こります。

顎が痛む

顎関節、その周辺の頬、こめかみに痛みを感じます。ただしその痛みは常に感じるわけではなく、食事や会話の時など顎を動かすことで痛みます。仮に顎を動かしていないのに顎が痛むのであれば、それは別の病気の可能性があります。

口を大きく開けられなくなる

開口障害と呼ばれるもので、顎関節症になると口を大きく開けられなくなります。正常時なら指を縦にして3本くらい…数値的には40ミリ~50ミリ口を開けますが、開口障害になると指が2本以下しか入らなくなり、口が開かなくなるケースもあります。

顎を動かすたびに音がする

顎を動かすたびにカクカク、ミシミシなどの音がします。これは関節雑音と呼ばれる症状で、症状そのもので言えばそれほど深刻ではありません。ただし、顎を動かすたびに異音がすることはストレスになってしまいます。

口をしっかり閉じられなくなる

顎関節症によって顎関節内の構造に異常が起こると、歯列に隙間ができることがあります。そうなると、口を閉じようと思っても完全に閉じられなくなるケースがあります。ただしこれは稀なケースのため、一般的な症状というわけではありません。

身体のあちこちが痛む

顎関節症によって身体のあちこちに痛みを感じるようになります。具体的には、歯の痛み、舌の痛み、頭痛、腰の痛み、背中の痛み、耳の痛みなどが挙げられ、さらに目まいや耳鳴りなどの症状が起こることもあります。

…顎関節症になるとこのような症状が起こります。ところで、顎関節症は噛み合わせが悪い方だけに起こるわけではなく、歯並びや噛み合わせに全く問題ない方でも起こることがあります。しかし、噛み合わせが悪いと発症のリスクが高く、さらに重症化しやすい傾向があるのです。

癖が原因で受け口になる

受け口になる原因には遺伝的なものも含まれますが、それだけでなく癖が原因でなることもあり、 その癖は特に子供に多く見られるものです。行う癖の中には受け口の原因になってしまうものがあるのです。

・指しゃぶり
・口呼吸
・頬杖をつく
・舌で歯を前に押し出す

…いずれも一見何でもない癖ですが、どれも受け口の原因になる癖です。受け口は矯正治療で改善できますが、こうした癖が原因で受け口になった場合、矯正治療と同時に癖も改善しなければなりません。

受け口の治療方法

受け口を治療するには矯正治療が一般的です。ただし、受け口の状態には様々なパターンがあり、それに合った治療計画を立てるため、どのような矯正方法でどのくらいの治療期間なのかはこの時点で断言できません。

このため、受け口を改善するために矯正治療を希望する方は、まず実際に歯科医院に行って相談してみるのが確実です。また、上下の顎の大きさがあまりにも違う場合は外科的処置が必要になることもあります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、受け口についてまとめます。

1. 受け口の問題点 :下顎が上顎の成長を妨げる、前歯で食べ物を噛み切りにくくなるなど
2. 顎関節症 :受け口は噛み合わせが悪く、顎関節症になるリスクが高まって重症化もしやすい
3. 癖が原因で受け口になる :指しゃぶりなど、子供の癖の中には受け口の原因になるものが多くある
4. 受け口の治療方法 :矯正治療が一般的だが、外科的処置が必要なケースもある

これら4つのことから、受け口について分かります。受け口で悩む方は、おそらく「見た目が悪い」という理由で悩んでいるのだと思います。しかし、それだけでなく受け口であることは全身の健康に悪影響をもたらします。

受け口で噛み合わせが悪ければ肩こりや頭痛が起こり、噛み合わせが悪いことで顎関節症が起こる…いずれも深刻な問題です。このため、例え気にならなくても受け口の方は矯正治療による改善を検討すべきでしょう。