大人の矯正治療

何歳まで矯正治療はできるのか

歯とそれを支える骨に問題がなければ、何歳でもできます。歯並びを治したい!と思った時が治療の良いタイミングかもしれません。
以前は中学・高校生の時に治療をするのが一般的と思われていましたが、現在では30代、40代でも普通に治療されるようになり、当院では50歳以上でも多くの方が歯並びを治されています。

ライフスタイルに合わせた治療を

大人になってからの治療には、いろいろな制約もあるでしょう。治療器具が見えては困る、話しにくくなっては困る、管楽器演奏に支障があっては困る、歯磨きがしやすい方がよいなど、いろいろなご希望があると思います。
当院では、一般的な表側の矯正器具の他に、裏側に付ける矯正器具(リンガルブラケット装置)、2種類のマウスピース矯正装置(インビザライン、アソアライナー)、金属製で薄く小さい矯正器具など、患者さんの歯並びの状態とライフスタイルに合わせて治療方法をご提案いたします。

矯正治療のススメ

  • 歯並びが良くなることで、歯の見た目だけでなく笑顔が素敵になります。自信を持って話ができるようになります。
  • 口が楽に閉じることができるようになると歯にプラークが貯まりにくくなります。歯磨きもしやすくなります。よって虫歯や歯周病の予防になります。
  • かみ合わせが悪いと、一部の歯に負担がかかり、歯が擦り減るなどダメージが出たり顎関節症になりやすくなります。良く噛める歯並びにして美味しくご飯を食べましょう。
  • 高齢者になると口腔機能は低下します。ですので、今困っていなくても若いうちに口腔機能を正常化し高めていくことが、今後のクオリティオブライフの向上に役立ちます。