ホーム >院長ブログ > 子供の矯正治療の通院間隔はどのくらいですか?

院長ブログ

子供の矯正治療の通院間隔はどのくらいですか?

2018年06月22日

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「子供の矯正治療の通院間隔」です。
矯正治療では定期的な通院が長期間必要になります。

これは子供の矯正治療も同様で、特にその場合は子供だけで通院することが不可能なため、
親も定期的な通院が必要になることを理解しておかなければなりません。
そこで、ここではどのくらいの頻度で通院が必要なのか?…子供の矯正治療の通院間隔について説明します。

子供の矯正治療

子供の矯正治療は大人に比べると若干複雑になっており、矯正治療が2段階に分けられています。
具体的には乳歯と永久歯が混同したタイミングで行う「1期治療」、
永久歯が生えそろったタイミングで行う「2期治療」…この2段階に分けられているのです。

「1期治療」を行うのは5歳~11歳頃の時期で、比較的簡単な矯正装置を使用して治療します。
「1期治療」の目的は本格的な矯正治療…つまり「2期治療」に向けた準備のようなものになります。
次に「2期治療」ですが、時期としては永久歯が生えそろう12歳以降になります。

「2期治療」は本格的な矯正治療となっており、大人同様にワイヤーの矯正装置を使用します。
さらに矯正治療後は「保定期間」に入り、ここでも定期的な通院が必要です。
そして「1期治療」と「2期治療」と「保定期間」…それぞれにおいて通院間隔は異なります。

通院間隔

「1期治療」と「2期治療」と「保定期間」、それぞれにおける通院間隔は次のとおりです。

「1期治療」

通院間隔はおよそ1ヶ月~2ヶ月に1回の割合です。
通院の目的は「歯列を広げて歯が並ぶスペースを作る」や「上下の顎のバランスを整える」などで、
さらに矯正装置の調整も行います。治療期間としては1年~2年ほどとなります。

「2期治療」

通院間隔はおよそ1ヶ月に1回の割合です。
ワイヤーの矯正装置を使用して正常な歯並びを作り、同時に正常な噛み合わせも作ります。
抜歯が必要な場合はこの時期に行い、治療期間としては2年ほどとなります。

「保定期間」

矯正治療によって動かした歯は元の位置に戻ろうとするため、それを防ぐために保定装置を装着します。
そして、この保定装置を装着する期間を保定期間と呼びます。
保定期間中の通院間隔は一般的に3ヶ月~6ヶ月に1回の割合で、期間としては2年~3年ほどとなります。

<成長観察について>
「1期治療」を終えた後にすぐ「2期治療」に入ることはなく、この間に成長観察の期間が入ります。
成長観察の期間中は頻繁な通院は必要ないものの、3ヶ月~6ヶ月に1回の割合で通院が必要です。

子供の時に矯正治療をした方が良い理由

矯正治療は大人になってからでもできますが、
最適なタイミングを考えると子供の時に行った方が良いと言われています。

矯正装置を装着することの悩みが小さい

矯正治療では矯正装置を装着しますが、大人になるとその時の見た目が気になってしまいます。
一方子供の場合は審美性に対する意識が大人ほど高くないため、
矯正装置を装着して生活することにそれほど抵抗がないのです。

痛みが小さい

矯正治療ではどうしても痛みを感じることがあり、それは歯が動くことが原因です。
しかし子供の場合はまだ骨がやわらかいため歯が動きやすく、そのため痛みも小さいのです。
ちなみに矯正装置を装着すること自体の痛みもありますが、それは慣れで解消できる問題です。

大人になった時に歯並びの悪さで悩まない

歯並びが悪くて矯正治療をしようと思っても、治療期間は2年~3年ほどになります。
つまり歯並びを改善しようと思っても、それが叶うまで2年~3年掛かるのです。
しかし子供の時に矯正治療を終えておえば、大人になった時に美しい歯並びのままでいられます。

非抜歯で矯正治療できる可能性が高い

大人になってから矯正治療を行う場合、ほぼ確実に抜歯が必要です。
一方子供の時に矯正治療を行えば、非抜歯…つまり抜歯せずに矯正治療できる可能性が高くなります。
ただし状態によっては抜歯が必要になるため、100%非抜歯でできるとまでは言えません。

虫歯や歯周病を予防しやすくなる

歯並びが悪ければ、凸凹しているために歯磨きがしづらくなります。
凸凹の期間が長ければ、その間はずっと歯磨きがしづらくなり、虫歯や歯周病になるリスクが高まります。
しかし、子供の時に矯正治療を行えば早く歯並びが改善でき、将来虫歯や歯周病を予防しやすくなるのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、子供の矯正治療の通院間隔についてまとめます。

1. 子供の矯正治療 :「1期治療」と「2期治療」の2段階に分けて行う
2. 通院間隔 :「1期治療」は1ヶ月~2ヶ月に1回ほど、「2期治療」は1ヶ月に1回ほど
3. 子供の時に矯正治療をした方が良い理由 :矯正装置を装着することの悩みが小さい、痛みが小さいなど

これら3つのことから、子供の矯正治療の通院間隔について分かります。
矯正治療では虫歯治療のように毎週の通院は必要ありません。
このため、通院間隔が苦になることはほとんどないでしょう。
1回の診療時間も30分程度で終わることが多く、通院間隔も診療時間もそこまでの手間にはなりません。