ホーム >院長ブログ > 小児矯正は歯磨きがしづらくないでしょうか?

院長ブログ

小児矯正は歯磨きがしづらくないでしょうか?

2018年06月01日

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「小児矯正中の歯磨き」です。
子供は大人に比べて虫歯になりやすく、その理由の1つが歯磨きの技術の未熟さです。

このようにただでさえ子供は虫歯になりやすいため、小児矯正に不安を感じる人は少なくありません。
と言うのも、矯正装置を装着した状態ではより歯磨きがしづらくなるため、
虫歯になるリスクを一層高めてしまうのではないかと考える人が多いからです。

歯磨きの問題

まず矯正装置が理由で歯磨きがしづらくなることはありません。
なぜなら、小児矯正の矯正装置は主に取り外し式のタイプを使用するからで、
そのため歯磨きをする上で一切の支障がないのです。

とは言え、小児矯正を希望するからには歯列不正があるのは確かなため、
歯並びが凸凹していることで歯磨きの精度が落ちてしまうのが事実です。
このため、小児矯正を行う歯科医院では子供の歯磨き指導も徹底しています。

大人になってから矯正してはダメなのか

小児矯正中の歯磨きの不安を確実に解消する方法は、小児矯正を行わないことです。
歯磨きの技術が高い大人になってから矯正治療する…確かにそれは1つの方法です。
しかし、大人と子供で比較すると、矯正治療は子供の時に行った方が良いのです。

大人になると歯が動きにくくなりますし、矯正治療における抜歯の必要性も高まります。
さらに大人になると審美性をより気にするようになるため、矯正装置の装着が苦になるでしょう。
このため、可能であれば子供の時…つまり小児矯正を行った方が良いのです。

歯並びが悪いことで起こる問題

歯磨きのしづらさを理由に小児矯正をしなければ、歯並びが悪いままで生活しなければなりません。
歯並びの悪さは見た目が悪く、小児矯正をしないことで将来子供が嫌な思いをしてしまうでしょう。
また、歯並びの悪さで起こる問題は単に歯の見た目の悪さだけではありません。

顎の変形も招くため、歯だけでなく顔の輪郭自体も歪んで見えてしまいます。
さらに凸凹した歯並びでは歯磨きがしづらいため、虫歯や歯周病になるリスクを高めてしまいます。
他にも噛み合わせが悪いことで肩こりや頭痛が起こりやすくなり、食べ物も適切に噛めなくなります。

小児矯正の痛み

子供は審美性に対する意識がまだ低いため、矯正装置の装着は大人ほど嫌に感じません。
それよりも矯正装置を装着することの痛みの方が気になると思います。
そこで説明すると、小児矯正では矯正装置の装着で痛みを感じることがあります。

これは歯が動くことの痛みであり、この痛みは小児矯正に限らず大人の矯正治療でも感じます。
むしろ小児矯正は大人の矯正治療に比べて痛みが小さく、これは年齢的にまだ骨がやわらかいからです。
矯正装置を装着すること自体の痛みもありますが、これは慣れによって解消できる問題です。

<矯正装置を装着することの痛みについて>
矯正装置を装着すること自体の痛みは、例えるなら靴擦れのようなものです。
個人差はあるものの、一般的に1日~3日ほどで痛みは感じなくなります。
ただし靴擦れ同様、新品の矯正装置に交換するタイミングで再び数日間はどうしても痛んでしまいます。

小児矯正を行うメリットとデメリット

小児矯正を検討する上で悩みとなる子供の歯磨きのしづらさ…これは今回説明したとおり問題ありません。
とは言え、小児矯正を行うなら歯磨き以外にも知っておかなければならないことがいくつかあります。
そこで、小児矯正を行うことのメリットとデメリットをまとめてみます。

小児矯正を行うメリット

・骨がまだやわらかいため、大人の矯正治療に比べて歯を動かしやすい
・顎の成長を利用した矯正治療が行えることで、大人に比べて幅広い症例に対応できる
・大人の矯正治療に比べると痛みが小さい
・抜歯をせずに矯正治療を行える可能性が高い(小児矯正でも抜歯が必要なことはある)
・骨格的な問題を軽減できる

小児矯正を行うデメリット

・子供の年齢や性格によっては協力を得にくく、治療期間が予定よりも長引くことがある
・状態によっては永久歯が生えそろった後にも第二期の矯正治療が必要になる
・矯正治療中は虫歯になりやすく、歯磨きの技術が未熟な子供はそのリスクがより高まる
・顎の成長にあわせた治療計画を立てるため、一時的に歯並びが悪い状態になることがある
・顎の成長にあわせた治療計画を立てるため、明確な治療期間を断言できない

まとめ

いかがでしたか?
最後に、小児矯正中の歯磨きについてまとめます。

1. 歯磨きの問題 :取り外し式のタイプの矯正装置を使用することで歯磨きのしづらさを解消できる
2. 大人になってから矯正してはダメなのか :様々な理由から大人よりも子供の時に矯正治療した方が良い
3. 歯並びが悪いことで起こる問題 :歯の見た目だけでなく顔の輪郭も歪んで見えるなど
4. 小児矯正の痛み :痛みはあるが大人の矯正治療に比べて痛みは小さく、慣れで解消される部分もある
5. 小児矯正を行うメリットとデメリット :メリットは歯を動かしやすいなど。デメリットは治療期間が長引くなど

これら5つのことから、小児矯正中の歯磨きについて分かります。
小児矯正中の歯磨きについてはそれほど深刻ではなく、矯正装置の仕様上普段どおりの歯磨きが可能です。
とは言え、子供は元々歯磨きの技術が未熟ですから虫歯になるリスクが高いのも事実です。
このため小児矯正を行う歯科医院の多くが、子供の歯磨き指導にも力を入れています。