ホーム >院長ブログ > 矯正治療を途中で止めることはできますか?

院長ブログ

矯正治療を途中で止めることはできますか?

2018年05月21日

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「矯正治療を途中で止めることについて」です。
矯正治療は治療期間が長いため、治療中に生活が変化して通院が難しくなるようなケースもあります。

また、子供の矯正治療の場合はどうしても子供が嫌がるケースもあるでしょう。
こうした場合、「矯正治療を途中で止められるのか?」と質問を受けることがありますが、
もちろん強制的に行う治療ではないため、その答えはイエスです。しかし、それはおすすめできません。

矯正治療を途中で止めること

矯正治療は「行った分だけ成果が出る治療」ではなく、「最後まで行って成果が出る治療」です。
つまり例え何ヶ月…それどころか1年以上行っていたとしても、
途中で止めてしまえばこれまでの矯正治療の成果は全てムダになってしまいます。

確かに、急な出張などの事情があった場合は仕方ないのかもしれません。
しかし全てがムダになってしまう以上、
矯正治療を受ける際には確実にその期間通院可能であるタイミングを考えるべきです。

矯正治療の休止について

中止と休止は全く違い、矯正治療を一時的に中断する…つまり休止することもできます。
あまり長期間の休止は中止に等しくなりますが、
学生の受験や女性の出産など、一時的に休止したい場合は歯科医が対応してくれるでしょう。

この場合、休止したことで治療計画に影響するため治療期間は長くなってしまいます。
しかし中止のように全てがムダになることはないため、
矯正治療を止めたい期間がある場合は完全に止めるのではなく歯科医に相談して休止を希望してください。

<矯正治療を休止した時に起こる問題>
止めるわけではないので全てがムダになることはないですが、治療計画に狂いが生じてしまいます。
このため当初の説明に比べて治療期間が長引くことがありますし、
非抜歯でできたはずが抜歯をしなければならなくなることもあるでしょう。
その時は「最初に聞いた説明と違う」と思うかもしれませんが、
休止を想定した治療計画は立てていないため、どうしてもそのような見解の違いが生じてしまうのです。

矯正治療を途中で止めた場合の費用

矯正治療の費用は高額ですから、途中で止めた場合は費用がどうなるのかが気になると思います。
そこでお答えすると、これは歯科医院の契約内容にもよるためこの場で全ての断言できません。
ただし法律を元に回答するなら、「治療を行った分だけ支払えば良い」になります。

例えば60万円の費用を支払って現在40万円分の矯正治療を行っていた場合、
その時点で矯正治療を止めれば20万円が返金されるということです。
既に一括で費用を支払っている場合は、おそらくこのような返金対応となるでしょう。

最も、費用の支払いのシステム次第で手続きが面倒になることもあります。
例えば支払った一括の費用がクレジット払いだった場合、
歯科医院では返金できないためカード会社に連絡して事情の説明と返金の流れを確認しなければなりません。

逆にスムーズに解決するのが、処置別払い制を採用している歯科医院で矯正治療を行っている場合です。
この場合は通院するたびに費用を支払うシステムになっているため、
余分な費用を支払っておらず矯正治療を中止しても返金の必要がありません。

元の状態より歯並びが悪くなる可能性

矯正治療を途中で止めると全てがムダになってしまいますが、
仮に本当に止めたとして全てがムダになるだけですめば、それはある意味幸運かもしれません。
と言うのも、矯正治療を途中で止めると元の歯並びより悪くなる可能性があるからです。

まずこれまでの治療で動かした歯は後戻りが起こるため、確実に治療の成果は失われるでしょう。
しかしそれだけでなく、元の状態より悪い位置に後戻りしてしまう可能性もありますし、
噛み合わせも中途半端な状態になってしまいます。

特に矯正治療のために抜歯した場合はそのスペースがそのままの状態になるため、
歯と歯の間に極端に隙間が空いている、もしくは歯が傾くなどの事態も起こります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療を途中で止めることについてまとめます。

1. 矯正治療を途中で止めること :これまでの治療の成果は全て失われてしまう
2. 矯正治療の休止について :一時的に止めたいのなら、完全に止めるのではなく休止する選択肢もある
3. 矯正治療を途中で止めた場合の費用 :法的には「治療を行った分だけ支払えば良い」
4. 元の状態より歯並びが悪くなる可能性 :抜歯した場合はスペースがそのままになってしまうなど

これら4つのことから、矯正治療を途中で止めることについて分かります。
矯正治療は確かに治療期間が長いため、その過程の中では止めたいと思う時もあるかもしれません。
しかし、長い人生で考えれば数年という治療の月日はささいなものです。

その数年の治療を止めてしまうことで、
この先何十年もある人生において歯並びの美しさを自ら手放してしまうことになるのです。
矯正治療を途中で止めることには一切メリットがありません。