歯並びが良い人は、それに関係した習慣などがあるのでしょうか?

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。今回のテーマは「歯並びが良い人の生活習慣」です。歯並びが悪くなる原因は様々で、その中には遺伝的な要素もあります。

例えば生まれつき顎が小さい、顎が変形している、歯が小さいなどの特徴がある人は、これらが原因によって歯並びが悪くなりますし、これらは全て遺伝によるものです。しかし遺伝が全てではなく、日常生活の過ごし方の違いが歯並びの良し悪しに関わることもあります。

歯並びが良い人の習慣

歯並びを良くするための習慣を意識している人は正直ほとんどいないと思いますが、次のようなことを習慣としている、もしくはしていた人は歯並びが良いケースが多く、なぜなら歯並びが悪くなる原因を結果的に解消しているからです。

子供の時に虫歯予防を徹底していた

乳歯はいずれ抜けるため、虫歯になっても問題ないと考える人もいます。しかしそれは間違いで、乳歯が虫歯になることで永久歯が正常な位置に生えてこないなどの問題があります。ですから、子供の時…すなわち乳歯の時期に虫歯予防を徹底していた人は永久歯が綺麗に並んでいます。

鼻呼吸をしている

呼吸の方法は無意識な部分もありますが、口呼吸をすると歯並びが悪くなります。これは口呼吸によって口が半開きになり、歯や舌や唇のバランスが悪くなってしまうからです。このため、歯並びが良い人は自然な鼻呼吸をしています。

虫歯や歯周病を予防している

虫歯や歯周病や歯並びに影響するため、歯並びが良い人はこれらの予防を徹底しています。例えば虫歯や歯周病で歯を失えばそこにスペースが発生するため、隣接する歯が傾いてしまいますし、歯がグラついて噛み合わせが悪くなると歯並びも悪くなります。

歯並びが悪くなる癖をしていない

人には何かしら癖がありますが、中には歯並びが悪くなる癖があります。頬杖、舌で歯を押す、歯ぎしり、これらはいずれも歯並びが悪くなり、指しゃぶりや爪噛みなどの子供の時の癖で歯並びが悪くなることもあります。

やわらかいばかり食べない

やわらないものばかり食べると噛む力を必要としないため、特に成長期においては舌や口周りの筋肉が発達しづらくなり、それが原因で歯並びが悪くなります。つまり、歯並びが良い人は舌や口周りの筋肉が正常に発達しており、それはかたいものも食べているからです。

歯並びが悪いことで起こる問題

歯並びが悪いのは見た目に影響しますが、中には歯並びの見た目にこだわらない人もいるでしょう。しかし歯並びが悪いと見た目…つまり審美性以外にも次のような問題が起こります。

虫歯や歯周病になりやすい

歯並びが悪くて凸凹していると、歯磨きがしづらくなります。歯と歯が重なっているとそこにプラークが溜まりますし、その箇所を歯ブラシで磨くこともできません。このため磨き残しが多くなり、歯並びが悪いと虫歯や歯周病になりやすいのです。

頭痛や肩こりが起こる

歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなりますが、噛み合わせの悪さは頭痛や肩こりの原因になります。これは噛む時に使用する筋肉である側頭筋や広頸筋が、噛み合わせの悪さで悪影響を受けるためです。つまり歯並びの悪さは口の中だけでなく、全身にも悪影響を及ぼすということです。

顎関節症になりやすい

歯並びが悪いと噛み合わせも悪くなり、噛み合わせが悪いことで顎関節症になりやすくなります。最も、顎関節症は歯並びや噛み合わせが良い人でも起こる病気ですが、歯並びや噛み合わせが悪い人の場合はなりやすく、さらに重症化しやすい傾向があります。

歯並びを改善するには

歯並びを改善するには矯正治療が必要です。ただし矯正治療は費用が高く治療期間も長いため、気軽に決断できる治療ではありません。現状歯並びが悪いのであれば、歯科医と相談した上で検討しましょう。

ちなみに、矯正治療に抵抗がある人の中には矯正装置の装着を理由にする人がいます。確かに、目立つ矯正装置を装着するのは審美性の点で気になると思いますが、今は見えない矯正と呼ばれるマウスピース矯正や舌側矯正などの方法もあります。

これらの矯正方法なら矯正装置は目立たないですし、特にマウスピース矯正なら食事や歯磨きの時には外すことも可能です。矯正装置の装着が理由で矯正治療に抵抗がある人は、こうした矯正方法があることも知っておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、歯並びが良い人の生活習慣についてまとめます。

1. 歯並びが良い人の習慣 :「子供の時に虫歯予防を徹底していた」、「鼻呼吸をしている」など
2. 歯並びが悪いことで起こる問題 :「虫歯や歯周病になりやすい」、「頭痛や肩こりが起こる」など
3. 歯並びを改善するには :矯正治療が必要。審美性の高い見えない矯正方法もある

これら3つのことから、歯並びが良い人の生活習慣について分かります。歯並びが悪いのは遺伝的な要素もありますが、日常生活の中にも多くの要因があります。さらに子供の時の生活習慣も関係しており、歯並びが良い人はこうした要因を解消した生活をしています。歯並びの悪さは矯正治療で改善できますが、希望する場合は歯科医とよく相談して決めてください。