矯正装置を途中で変更できますか?

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「矯正装置を変更すること」です。
矯正治療では矯正装置を装着して歯を動かしますが、肝心の矯正装置には種類があります。

ワイヤーを使用する従来の表側矯正…これが最も一般的な矯正装置ですが、他にも裏側矯正やマウスピース矯正といった矯正装置が存在します。今回は、こうした矯正装置を矯正治療中に変更できるのかについての説明で、例えば「表側矯正をしているけどやっぱり裏側矯正にしたい」というようなケースです。

矯正装置の変更について

結論から言うと、矯正装置の変更は可能な場合も不可能な場合もあり、
例え可能であったとしてもそこに問題が生じる可能性があります。
では、それぞれのケースについて分かりやすく説明していきます。

矯正装置の変更の可否・取り扱う矯正装置の問題

これは歯科医院によって回答が異なります。と言うのも、例えば表側矯正をしている方が裏側矯正を希望したとします。この変更の希望を可能にするには、そもそもその歯科医院が裏側矯正に対応していなければなりません。

取り扱っている矯正装置の種類は歯科医院によって異なり、全ての矯正装置を取り扱う歯科医院もあれば、例えばマウスピース矯正のみ取り扱う歯科医院もあるでしょう。つまり、変更後に希望する矯正装置を取り扱っていなければ、矯正装置の変更は不可能になるのです。

簡単にまとめると、以下のようなイメージです。

<表側矯正→裏側矯正に変更を希望する場合>
・表側矯正と裏側矯正を取り扱う歯科医院 :どちらの矯正装置も取り扱っているため変更は可能
・表側矯正のみ取り扱う歯科医院 :裏側矯正は取り扱っていないため変更は不可能

矯正装置の変更の可否・症例の問題

これは、表側矯正や裏側矯正からマウスピース矯正に変更したい場合に起こる問題です。マウスピース矯正は見えない矯正方法として人気ですが、対応できる症例が少ないという欠点があります。極端な話、あまり凸凹した歯並びだとマウスピース矯正では対応できないのです。

ですから、歯並びが凸凹している方が例えば表側矯正からマウスピース矯正に変更を希望する場合、歯並びの状態によっては変更できず、それはマウスピース矯正では対応できない歯並びだからです。一方、マウスピース矯正でも充分対応が可能なら、マウスピース矯正への変更は可能でしょう。

簡単にまとめると、以下のようなイメージです。

<表側矯正・裏側矯正→マウスピース矯正に変更を希望する場合>
・マウスピース矯正で対応可能な症例の場合 :変更は可能
・マウスピース矯正で対応不可能な症例の場合 :変更は不可能

転院を考える場合

例えば表側矯正から裏側矯正に変更を希望するとして、現状治療を受けている歯科医院Aでは裏側矯正を取り扱っていないとします。この場合、歯科医院Aで変更の希望を叶えることはできません。

しかし歯科医院Bで裏側矯正を取り扱っている場合、転院…つまり歯科医院Aから歯科医院Bに転院して、改めて歯科医院Bで矯正治療を受けることは可能なのでしょうか。これについてですが転院はおそらく可能でしょうが、詳細は歯科医院に直接確認しなければなりません。

ちなみに、確認すべき点としては次のようなことが挙げられます。

・転院の可否 :そもそも本当に転院が可能か確認する
・費用について :既に一括で費用を支払った場合、治療前に値する費用の返金が可能か確認する
・今後の流れ :転院先の歯科医院で矯正治療はどこからのスタートになるのかなどを確認する

…これらについてはマニュアルが存在せず、歯科医院ごとで基準を定めている部分もあります。このため、実際に治療を受けている歯科医院に直接の確認が必要です。

それぞれの矯正装置のメリットとデメリットを把握する

矯正装置を変更する場合、知っておかなければならないのがそれぞれの矯正装置のメリットとデメリットです。どの矯正装置も「歯に装着して歯を動かす」という根本的な仕組みは同じですが、それぞれ独自のメリットとデメリットがあります。

例えば表側矯正には、矯正力が強くて歯を動かしやすいというメリットがあります。これをマウスピース矯正に変更すれば、矯正装置が目立たなくなるメリットが得られるものの、その一方で歯を動かしやすいというメリットが失われてしまいます。

このように、矯正装置を変更すれば変更後は変更前の矯正装置のメリットが失われるため、それぞれの矯正装置にどんなメリットとデメリットがあるのかを調べておくべきでしょう。もちろん、確実なのは歯科医院で相談した際にその点について質問することです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正装置を変更することについてまとめます。

1. 矯正装置の変更について :ケースによっては変更できる場合も変更できない場合もある
2. 転院を考える場合 :おそらく転院は可能だが、詳細は直接歯科医院に確認しなければならない
3. それぞれの矯正装置のメリットとデメリットを把握する :把握しないと変更がマイナスになる可能性がある

これら3つのことから、矯正装置を変更することについて分かります。
矯正装置の変更はケース次第で不可能なこともあるため、安易に可能と考えない方が良いでしょう。
また、例え可能だとしても費用や手間を考えると、変更自体は正直おすすめできることではありません。
このため、変更の可否よりもまずは矯正装置の種類とそれぞれの特徴をしっかり把握することが大切で、そうすれば矯正装置の選択に後悔する事態を防げますし、スムーズに治療を続けられるでしょう。