矯正治療を受けている際、通院に必要なものはありますか?

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「矯正治療中の通院で必要なもの」です。
矯正治療では定期的な通院が必要ですが、この通院に関しては虫歯治療などの場合と少々異なります。

最も、「歯科医院に行く→治療をする」…この流れは同じですが、
通院において必要なものについて改めて知っておいた方が良いでしょう。
そこで、ここでは矯正治療中の通院をテーマにして、みなさんが疑問に思うことをお答えしていきます。

健康保険証の提示は必要?

矯正治療は自由診療ですから、健康保険が適用されません。
そして健康保険が適用されない以上、健康保険証の提示を不要に思う人が多いでしょう。
しかし、実際には多くの歯科医院で矯正治療において健康保険証の提示を求めています。

とは言え、健康保険が適用されないわけですから健康保険証を提示しても費用に違いはありません。
ではなぜ健康保険証の提示を求めるのか?…その理由は2つあります。
1つは患者さんの治療における意思確認で、医療行為を受けることに同意する証の意味での提示です。

もう1つは患者さんの本人確認で、そもそも健康保険証は本人確認書類に該当するものです。
そして医療行為を行う際には住居、氏名、生年月日を公的証明書で確認し、
患者さん本人の特定…すなわち本人確認をする必要があるのです。

費用は通院のたびに支払う?

矯正治療は自由診療のため、歯科医院ごとで費用が異なります。
これは「自由診療の費用は歯科医院ごとで設定できる」という決まりによるもので、
それだけでなく費用の算出方法も異なります。そして、費用の算出方法には次の2つのパターンがあります。

・定額制(総額制)
定額制や総額制と呼ばれる算出方法の場合、治療前の段階でトータル費用を全額支払います。
通院のたびに行う検診やメンテナンスにおける費用もその中に含まれています。
定額制や総額制の場合は追加の費用が発生しないため、
例え治療期間が当初の計画より長引いたとしても費用が加算されることはありません。

・処置別払い制
処置別払い制と呼ばれる算出方法の場合、通院するたびにその時の費用を支払わなければなりません。
つまり毎回費用が発生するシステムで、虫歯治療での通院と同じようなイメージと捉えれば良いでしょう。
通院するたびに費用が発生するということは、当然治療期間が短くなれば費用は安くすみます。
ただしトータル費用についてはある程度把握しておく必要があるため、必ず歯科医に確認してください。

…矯正治療の費用の支払いについてはこれら2パターンのシステムが存在しており、
「処置別払い制」の場合は通院するたびに費用を支払う必要があります。
一方「定額制」や「総額制」の場合、一度費用を支払えばその後の通院で費用が発生することはありません。

定額制(総額制)ならお金を持ってくる必要はない?

これについて答えはノーで、さすがにお金を一切持たずに通院することはおすすめできません。
と言うのも、通院時に虫歯や歯周病が発覚する可能性があるからです。
確かに、通院時の矯正治療に関係する治療費は一切支払う必要はありません。

しかし、検診時に虫歯が発覚する可能性はゼロではなく、
むしろ矯正治療中は虫歯になるリスクが高まります。
この場合、矯正治療とは無関係の虫歯治療を行うことでその治療費が発生します。

このため、虫歯や歯周病治療の費用を支払えるくらいのお金は持ってきた方が良いですし、
上記でお伝えした健康保険証についてもやはり持ってくるべきでしょう。
最も、虫歯や歯周病の治療費は保険が適用されますから、高額な費用が発生する心配はありません。

費用を支払った時の領収書は必要?

矯正治療の費用は高額ですから、費用を支払った時の領収書はきちんと保管している人がほとんどです。
これは大切なことで、矯正治療の費用を支払った時の領収書やレシートの類は必ず保管しておいてください。
なぜなら、矯正治療の費用は医療費控除の対象になるからです。

医療費控除とは、支払った医療費のトータルが年間10万円以上だった場合、
申告することで納めた税金の一部が返還される制度です。
矯正治療の費用はその対象ですし、申告時にそれを証明する領収書やレシートの提示が必要になります。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療中の通院で必要なものについてまとめます。

1. 健康保険証の提示は必要? :自由診療だが、本人確認の目的などで必要としている歯科医院が多い
2. 費用は通院のたびに支払う? :歯科医院の算出方法による。「処置別払い制」ならその都度必要
3. 定額制(総額制)ならお金を持ってくる必要はない? :虫歯の発覚などを想定して持ってくるべき
4. 費用を支払った時の領収書は必要? :医療費控除の申告時に必要になるので必ず保管しておく

これら4つのことから、矯正治療中の通院で必要なものについて分かります。
盲点となりやすいのは、今回お伝えした「健康保険証」と「お金」だと思います。
自由診療のため健康保険証が必要ないと考える人がいますが、本人確認などの目的で必要です。
また、虫歯が発覚した際などは治療を行うにあたって健康保険証の提示が必要です。
このような事態を想定し、いくら定額制(総額制)でもお金を一切持たずに通院するのは禁物です。