矯正の治療期間は?

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「矯正の治療期間」です。
矯正は歯科治療の中でも長い期間を必要とする治療です。

さらに治療期間中は矯正装置を装着しての不自由な生活しなければならないため、
明確な治療期間を知りたい人は多いでしょうし、それによって矯正をするかしないかを考える人もいます。
そこで、ここでは矯正の治療期間について説明していきます。

 治療期間について

結論から言って、この場で治療期間を断言することはできません。
なぜなら、矯正の治療期間はその人の年齢や歯並びの状態によって異なってくるからです。
そこで、歯並びの状態を3つの段階に分けてのおおよその治療期間について紹介しておきます。

簡単なケースの場合…6ヶ月~1年ほど
ある程度歯並びが整っていて抜歯も必要ないほどの簡単な矯正治療なら、
半年~1年ほどの治療期間で終わります。

一般的なケースの場合…1年~2年ほど
歯並びは決して良いとは言えないものの、
特別凸凹になっているわけでもない…いわゆる一般的なケースの矯正治療は1年~2年ほどで終わります。

大きく歯を動かさなければならないケースの場合…2年~3年ほど
大きく歯を動かさなければならないほど歯並びが凸凹の状態だと、
治療が終わるまでに2年~3年ほど掛かります。

…つまり、歯並びの状態にもよりますが早くて半年ほど、長くて3年ほど掛かることになります。
また装置の装着に関して言えば、治療後は後戻りを防ぐための保定期間が必要となり、
そのために保定装置(リテーナー)を装着することになります。

この保定期間は数年ほどとなり、早い人でも1年は掛かるでしょう。
さらに矯正の方法の違いも治療期間に影響します。例えば目立たない裏側矯正は審美性に優れていますが、
通常のワイヤー矯正に比べると治療期間が長くなります。

 治療期間が長引くケース

以下のケースのような場合、矯正の治療期間が長引きます。

虫歯や歯周病がある
矯正を行う前に虫歯や歯周病があると、そちらの治療を先に行うことになります。
これは、矯正中は矯正装置の種類によって虫歯や歯周病の治療ができなくなるからです。
虫歯や歯周病の治療に必要な期間の分だけ、矯正のスタートが遅れます。

矯正装置を決まった時間装着しない
マウスピース矯正に起こり得る問題で、マウスピース矯正の場合は自分で矯正装置を取り外しできます。
食事や歯磨きに外すのは問題ないですが、それ以外は基本的に装着した状態を維持しなければなりません。
それを無視して外してしまうと治療計画が狂ってしまい、結果治療期間が長引いてしまいます。

通院のペースを守らない
矯正をする場合、定期的な通院が必要です。これは治療計画に関係することで、
矯正では1ヶ月後の歯の動きを予測した上で実際に動かしていきます。
このため決まったペースでの通院を怠ると、その分歯が想定外の箇所に動いてしまいます。
そうなると元の位置に再度歯を動かす必要があり、そのために余計な期間が掛かってしまいます。

歯科医の腕が悪い
矯正は歯科治療の中でも難易度の高い治療です。
このため、技術や知識に乏しい歯科医が治療を行うと診断の間違いなどの問題も起こります。
こうした事態を防ぐためには矯正は矯正専門の矯正歯科で行い、
なおかつ矯正の認定医や専門医といった資格を持つ歯科医に治療を受けることです。

…2つ目と3つ目の項目は患者さん側の問題です。
また、4つ目の点を考えると歯科医院選びにもこだわらなければならないことが分かります。

 矯正をするメリット

スムーズにできたとしても長い期間を要する矯正、
果たしてそこまで期間を掛けてまで必要な治療なのかどうか、矯正のメリットを考えてみます。
矯正の最大のメリットは、言うまでもなく歯並びの改善による審美性の向上です。

しかし、得られるメリットはそれだけではありません。
歯並びの改善によって噛み合わせが改善されれば、噛み合わせの悪さが招く頭痛や肩こりを解消できます。
また、歯並びが改善されれば歯も磨きやすくなり、効率よりプラークを除去して虫歯を予防しやすくなります。
つまり矯正には審美性の向上だけでなく、体調不良や歯を守るメリットもあるのです。

 まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正の治療期間についてまとめます。

1. 治療期間について :歯並びの状態や年齢によって異なるが、早くて半年、長くて3年ほど掛かる
2. 治療期間が長引くケース :虫歯や歯周病がある、通院のペースを守らない、歯科医の腕の問題など
3. 矯正をするメリット :噛み合わせの改善による体調不良の解消、虫歯の予防効果の向上など

これら3つのことから、矯正の治療期間について分かります。
矯正にはいくつかの方法があり、方法ごとで特徴が異なります。
例えば矯正装置の審美性が気になる人には、マウスピース矯正がおすすめです。
仮に治療期間の短さを最優先したい場合、その旨を歯科医に伝えましょう。
そして、それに見合った方法で矯正することで少しでも治療期間を短縮できます。