矯正歯科への相談の仕方は?

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「矯正歯科への相談の仕方」です。
矯正治療は費用も高く、さらに難易度の高い治療です。

さらに治療期間も長くなることから、治療を受けるかどうかを判断するにも時間が掛かるでしょう。
このため、矯正治療を検討する人はまず歯科医院に行って相談することが大切です。
さてこうした場合、矯正歯科にどのような相談をすべきなのでしょうか。

 無料相談を利用しよう

相談するだけと考えると何となく矯正歯科に行きづらく思うかもしれませんが、
そもそも矯正歯科で行くなり矯正治療をすぐ受ける人はまずいません。
ほとんどの人が最初は相談し、矯正治療について詳しく聞いてから治療を受けるかどうかを決断するのです。

もちろん、相談の結果矯正治療を止めても何も問題はないですから、
文字どおり気軽に矯正歯科に行って相談しましょう。
中には相談やカウンセリングのみ無料を行っている矯正歯科もあるので、積極的に利用してください。

費用の確認

矯正治療は健康保険が適用されないため、虫歯や歯周病治療に比べて費用が高額です。
また、矯正治療の費用は歯科医院ごとで異なるため、相談の際は費用も確認しなければなりません。
ちなみに、費用は必ずトータルの治療費を確認するようにしてください。

と言うのも、矯正治療は治療期間が長く、1度の治療で終えることはできないからです。
大抵の歯科医院はトータル費用が提示されていますが、余りにも相場に比べて安い場合は要注意です。
また歯科医院ごとで費用が異なる点から、複数の歯科医院に費用を確認して比較するといいですね。

矯正方法の確認

矯正治療の方法は1つだけではありません。
矯正装置にも種類があり、取り扱っている矯正装置の種類は歯科医院ごとで異なります。
このため、相談の際にその歯科医院がどんな矯正装置を取り扱っているかを確認してください。

特に最近はマウスピース矯正が人気ですから、マウスピース矯正ができるかどうかを確認するべきですし、
マウスピース自体にもいくつかの種類があるためそれについても確認しておきましょう。
要は、どんな矯正方法でどんな矯正装置を取り扱っているのかを確認するということです。

認定医や専門医の資格の有無の確認

矯正治療は難易度の高い治療ですが、治療そのものは歯科医師の免許があれば行うことができます。
つまり極端な話、実績ゼロで治療未経験の歯科医師でも矯正治療を行うことができるのです。
しかし、患者さんとしては腕の良い歯科医から治療を受けたいと思うのが当然の考えです。

そこで相談の際、矯正治療の認定医や専門医の資格を持つ歯科医が在籍しているかを確認しましょう。
ただし、こうした資格制度を設けている学会は多数存在します。
このため、最も会員数の多い「日本矯正歯科学会」における資格を持っているかを確認するようにしましょう。

メリットとデメリットの確認

矯正治療のイメージとしては、誰もが「歯並びが改善される」というイメージを持っているでしょう。
もちろんそれは正しいですが、矯正治療のメリットはそれだけではありません。
また、メリットがある一方でデメリットがあるのも事実です。

矯正治療は強制的に必要な治療ではなく、治療を受けるか受けないかを決めるのは患者さん自身です。
だからこそ、その判断をするために矯正治療のメリットとデメリットを確認しておきましょう。
それらを総合して考慮した上で、矯正治療を受けるか受けないかを決めるのがベストです。

 治療期間の確認

矯正治療の治療期間は長く、スムーズに行える場合でも1年ほど掛かります。
歯並びの状態次第ではさらに期間が掛かることがありますし、大人と子供でも治療期間が異なります。
このため、相談の際にはどのくらいの治療期間が掛かるかの確認をしてください。

近い将来引っ越しや出張の予定がある、もしくは通院が困難な場合、
治療期間の長さによっては矯正治療を断念しなければなりません。
治療中に断念すれば費用がムダになってしまうため、おおよその治療期間は知っておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正歯科への相談の仕方についてまとめます。

1. 無料相談を利用しよう :歯科医院によっては無料で相談やカウンセリングを実施しているところもある
2. 費用の確認 :矯正治療は健康保険が適用されないので高額。このためトータルの費用を必ず確認する
3. 矯正方法の確認 :どんな矯正方法でどんな矯正装置を取り扱っているかを確認する
4. 認定医や専門医の資格の有無の確認 :腕の良い歯科医が在籍しているかを知る参考になる
5. メリットとデメリットの確認 :矯正治療を受けるか受けないか、その最終判断をするために必要な知識
6. 治療期間の確認 :短期間では終わらないため、おおよその治療期間を確認する

これら6つのことから、矯正歯科への相談の仕方が分かります。
実際に相談する際はこれらの点を確認してください。
また、中には直接ではなくメールで相談できる矯正歯科もありますが、
院内の雰囲気や歯科医を知るためにも、できれば直接歯科医院に行って相談するのが理想です。