子供の矯正は早い方がいい?

文京区護国寺駅近くの歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。 今回のテーマは「子供の矯正は早い方がいいのか」です。 子供の歯並びが悪くて矯正治療を受けようと思った時、親の考えには2つのパターンがあります。

1つは「子供の頃から矯正するのは気の毒」という考えで、大人になった時に矯正しようと思うパターンです。 もう1つは「子供のうちに矯正した方がいい」という考えで、早くから矯正しようと思うパターンです。 あくまで考えなので正解も不正解もないですが、歯科医の視点で言えば早くからの矯正がおすすめです。

早い方がいい理由

子供の矯正は早くから行って方がいいですし、もちろんそれには理由があります。 そこで、早くから矯正を行うことのメリットを挙げてみます。

抜歯せずに矯正できる可能性が高い

本来矯正では抜歯が必要になるケースが多いのですが、 子供の矯正では抜歯しなくても矯正できる可能性が高いのです。 具体的には、奥歯の移動や顎の横や前への成長を促して永久歯の生えるスペースを作ります。 永久歯を抜かずに矯正できるのは大きなメリットです。

顎の成長にとってプラスになる

歯並びが悪いことで顎の発育を妨げる可能性があり、 症状次第では顎の関節の痛みを改善するために手術が必要になるケースもあります。 成長期である子供のころに矯正することで将来起こり得るそれらの事態を予防でき、 顎や顔の成長バランスを整えられるのです。

永久歯での本格矯正期間が短期間で終わる

早いうちから矯正すれば、顎の成長のコントロールや永久歯を正規の位置に生えるよう導くことができます。 このため、永久歯になった時に行う本格矯正が容易になるのです。 分かりやすく言えば、早いうちから矯正すれば永久歯になった時に本格矯正しやすい状態を作れるのです。 状態次第では本格矯正が必要なくなる可能性もありますし、必要だとしても短期間で終えられます。

矯正装置の装着で悩まずにすむ

大人が矯正する際、誰もが嫌がるのが矯正装置の装着です。 矯正期間が長い上、その間ずっと矯正装置を装着するのは社会人にとって苦痛でしょうし、 特に見た目を気にする若い男女の場合はなおさらです。その点子供の頃から早いうちに矯正しておけば、 大人になった時に美しい歯並びを実現でき、矯正装置の装着で悩むこともなくなります。

…これらの理由から、矯正は子供の頃から早いうちに行った方がいいのです。

子供の矯正の期間について

子供の矯正には第一期治療と第二期治療があり、歯並びの状態や顎の成長によって治療方法が変わります。 まず第一期治療ですが、これは乳歯と永久歯が混ざって生えている時期に行います。 顎の成長やバランスをコントロールする治療を行い、治療期間は10ヶ月~1年半くらいになります。

次に第二期治療ですが、これは永久歯が完全に生えそろった後に行います。 ブラケットやワイヤーなどで歯列矯正を行い、治療期間は1年半~2年半くらいになります。 ちなみに第一期治療後に第二期治療を行いますが、第二期治療の開始には数年待つこともあります。

治療のタイミングについて

子供の矯正といっても年齢に差がありますし、矯正の最適なタイミングは子供の状態によって異なります。 つまり、治療のタイミングについてはベストな時期を説明するのが難しいのです。 最も、顎の骨のバランスを良くすることを考えれば、成長期の小学生くらいの時期でなければなりません。

それでもベストなタイミングをこの場で断言することはできないですし、早すぎても遅すぎてもいけません。 このため子供の矯正を考える場合は早めに歯科医院に来院し、まずは相談してみてください。 歯科医が子供の歯の状態を実際に診ることで、ベストなタイミングを判断することができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、子供の矯正は早い方がいいのかについてまとめます。

1. 早い方がいい理由 :永久歯を抜歯しないですむ可能性が高い、顎の成長にとってプラスになるなど 2. 子供の矯正の期間について :第一期治療は10ヶ月~1年半、第二期治療は1年半~2年半が目安 3. 治療のタイミングについて :ベストなタイミングは子供の歯の状態によって変わるため、まずは相談する

これら3つのことから、子供の矯正は早い方がいいのかが分かります。 大人になってからでも矯正は可能ですが、子供の頃に早いうちから矯正した方が多くのメリットがあります。 永久歯の抜歯が必要ないのは自分の歯を守ることになりますし、将来の顎の関節の痛みなども防げます。 さらに本格矯正が短期間で終わる上、矯正装置を装着する悩みも子供だと負担が少ないのです。

このため「子供の矯正は早い方がいい」が結論になりますが、 肝心のタイミングはここで断言できないですし、子供の歯の状態によってベストタイミングは異なります。 だからこそ、子供の矯正を考えているのであれば早めに歯科医院に来院して歯科医に相談してください。 当院でもこうした相談は受け付けているので、検討段階だとしてもお気軽にご来院ください。