ホーム >院長ブログ > 歯の表面に矯正装置が見えるのが嫌なのですが…

院長ブログ

歯の表面に矯正装置が見えるのが嫌なのですが…

2018年01月18日

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「見えない矯正方法について」です。
矯正治療をしたいと思いつつも迷っている人は、矯正治療において2つのことを気にしています。

1つは費用の高さ…矯正治療は健康保険が適用されないので費用は高くなります。
このため、費用の点で治療を迷うのは患者さんとして当然です。
そしてもう1つは矯正装置の装着…見た目の悪さから、目立つ矯正装置の装着に抵抗を感じる人は多いです。

しかし、後者については問題の解消方法があります。
見えない矯正装置を使用することで、矯正治療中の見た目の悪さを感じなくできるのです。

見えない矯正方法

見えない矯正治療には2つの方法があります。
1つは裏側矯正と呼ばれる方法で、従来装着するワイヤーを歯の裏側に装着します。
そうすることで表側から矯正装置が見えなくなるのです。

もう1つの方法はマウスピース矯正で、文字どおりマウスピースの矯正装置を使用する方法です。
マウスピースが透明になっているため、矯正装置を装着していることが周囲に気付かれないのです。
ではこの裏側矯正とマウスピース矯正について、以下で詳しく説明していきます。

裏側矯正のメリット

裏側矯正は舌側矯正とも呼ばれており、舌側…つまり歯の裏側に矯正装置を装着します。
このため目立たないというのが最大のメリットですが、それ以外にもメリットがあります。
まず虫歯になりにくいという点です。

歯の表面にはエナメル質がありますが、このエナメル質は歯の表側より裏側の方が厚くなっています。
このため、歯の裏側は虫歯菌の出す酸に溶けにくいという特徴を持っています。
また、歯の裏側は常に唾液が循環しているため、殺菌作用が高い箇所でもあります。

矯正装置の装着は虫歯のリスクを高めますが、
元々虫歯になりにくい裏側に装着すれば虫歯になるリスクを減らすことができるのです。
さらに、裏側矯正は唇のケガを防ぐことができます。

口元をぶつけた場合、矯正装置が表側にあれば衝撃で唇を傷つけてしまうでしょう。
その点、裏側矯正なら口元をぶつけても矯正装置と唇がぶつかり合うことがないのです。
見た目の良さ以外にも、裏側矯正にはこのようなメリットがあります。

裏側矯正のデメリット

裏側矯正にはメリットだけでなくデメリットもあります。
メリットだけでなく、デメリットにも注目してそれを把握した上で使用を検討してください。
従来の表側矯正と比較した場合の裏側矯正のデメリットは主に3つです。

1つは発音がしづらいこと…舌側に矯正装置を装着することから、どうしても発音時に違和感があります。
最も、これは慣れで解決できる問題でもあります。
2つ目のデメリットは費用の高さです。

裏側矯正の場合、患者さんに合わせたオーダーメイドの矯正装置を製作します。
このため作業に時間が掛かり、高い技術も必要です。
その点で費用が高くなっており、おおよその相場は表側矯正の1.5倍ほどになっています。

最後3つ目のデメリットは、裏側矯正に対応している歯科医院の数の問題です。
決して少なくはないものの、一般的な表側矯正に対応した歯科医院に比べると、
裏側矯正に対応した歯科医院の数は少なくなっているでしょう。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを装着して矯正する方法です。
メリットとしては矯正装置が目立たないことが真っ先に挙げられますが、
それ以外にも自分で取り外しできるというメリットがあります。

これによって食事や歯磨きで不自由さを感じることがないですし、
歯磨きがしやすいことで矯正治療中の虫歯や歯周病を予防しやすくなります。
また、矯正装置を装着していることでの痛みが小さい点もメリットと言えるでしょう。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正のデメリットは、歯を動かす力が弱いことです。
審美性では表側矯正、さらには裏側矯正にも勝っていますが、
こうしたワイヤーを使用する矯正方法に比べて歯を動かす力が弱いのです。

このため、マウスピース矯正は対応できる症例に限りがあります。
ちなみに矯正装置…つまりマウスピース自体にもいくつか種類がありますが、
その中でもインビザラインは比較的幅広い症例に対応できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、見えない矯正方法についてまとめます。

1. 見えない矯正方法 :裏側矯正とマウスピース矯正の2つの方法がある
2. 裏側矯正のメリット :虫歯になりにくく、ぶつけることによる唇のケガを防ぎやすい
3. 裏側矯正のデメリット :発音がしづらい、費用が高い、対応している歯科医院が少なめ
4. マウスピース矯正のメリット :自分で取り外しできるため、食事や歯磨きの時に不自由さを感じない
5. マウスピース矯正のデメリット :歯を動かす力が弱いので、対応できる症例が限られる

これら5つのことから、見えない矯正方法について分かります。
裏側矯正やマウスピース矯正なら、矯正装置の見た目の問題を解決できます。
ただし、矯正治療において重要なのは矯正装置の審美性だけではありません。
このため、裏側矯正やマウスピースを希望する際はメリットだけでなくデメリットにも注目し、
それら全てを把握して上で治療を受けるか受けないかを決めましょう。