ホーム >院長ブログ > 見えない矯正があると聞いたのですが、どんなものですか?

院長ブログ

見えない矯正があると聞いたのですが、どんなものですか?

2017年09月10日

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「見えない矯正装置について」です。
歯列矯正を検討している方が最も悩むのは、ある意味効果の程よりも矯正装置の装着です。

歯並びが良くなるとは言え、長期間矯正装置を装着するのは目立って嫌だと思う方が多いからです。
さて、そんな矯正装置において最近では「見えない」、「目立たない」をウリにしたものがあります。
言わば見えない矯正…それは一体どういったものなのかを説明していきます。

舌側矯正

裏側矯正やリンガル矯正とも呼ばれる方法で、矯正装置を歯の裏側に取り付けます。
従来表側に装着する矯正装置を舌側…つまり裏側に装着することで目立ちにくくなります。
しかし、この方法は目立たない反面別のデメリットが生まれました。

それは、舌側に矯正装置を装着することで「発音しづらい」、「歯磨きがしにくい」といった問題です。
そこで近年ではサイズがより小さくなり、目立たないメリットはそのままで違和感ない装着が可能になりました。
タイプによってはオーダーメイドになるため、患者さんにピッタリと合ったタイプのものを使用できます。

マウスピース矯正

名前のとおり、マウスピースを矯正装置とした方法です。
マウスピースは着脱式であるため、矯正装置でありながら自由に取り外しできます。
効果を得るには長時間の着用が必要ですが、歯磨きや食事に際に外せるのは大きなメリットです。

またマウスピース自体目立たないですし、種類によっては透明なタイプもあります。
このため、装着している時にも矯正装置は目立ちません。
ちなみに最も一般的なのはインビザインというタイプで、日本だけでなく世界中で普及しています。

インビザラインの特徴

見えない矯正…その方法は目立たない矯正装置にあり、具体的には舌側矯正とマウスピース矯正です。
その中でも最も注目されているのはマウスピース矯正であるインビザラインです。
そこで、インビザラインの特徴を以下にまとめてみます。

違和感の少ない装着感

インビザラインは他のマウスピースタイプの矯正装置に比べ、小さめな形状になっています。
このため近くの歯肉を覆うこともなく、装着の違和感が少ない特徴を持っています。

破損しにくい

インビザラインの材質は他のマウスピースタイプの矯正装置に比べて柔軟になっており、
そのため破損しにくく事故の起こりにくい矯正装置です。

通院の頻度が少なくてすむ

マウスピース矯正は一定期間ごとにマウスピースを交換するため、その都度通院が必要です。
その点、インビザラインはある程度まとめてお渡しできるため、その分通院の頻度が少なくてすみます。

多くの症例に適用できる

マウスピース矯正は目立たない反面、ブラケット矯正に比べて適応できる症例が少なめなのが欠点です。
しかしその中でもインビザラインは対応範囲が広く、
従来のマウスピース矯正では対応しきれない矯正も可能な場合があります。

治療度の歯並びをシミュレーションできる

インビザラインでは3Dシミュレーションによって治療後の歯並びを予測できます。
このため、矯正後にどうなるか分からないと患者さんが不安に感じることがありません。

…インビザインにこうした特徴があることから、 マウスピース矯正の中で最も愛されている矯正装置であり、世界シェア1位を獲得しています。

矯正治療を受けるメリット

このようにインビザラインを中心として見えない矯正方法があることから、
矯正装置の装着に悩む方でも安心して矯正治療を受けられます。
さて、そこで最後にお伝えするのが矯正治療を受けることにはどんなメリットがあるのかです。

最大のメリットは言うまでもなく歯並びの改善ですが、実はそれ以外にもメリットがあります。
それは、虫歯や歯周病を予防しやすくなる点です。
歯並びが悪ければ特定の箇所にプラークが溜まり、さらに歯磨き自体しづらいでしょう。

その点、矯正治療を受けて歯並びを改善すれば歯磨きがしやすくなり、
そのため虫歯や歯周病を予防しやすくなるのです。
そして虫歯や歯周病を予防しやすくなるということは、自分の歯を守ることにもなるのです。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、見えない矯正装置についてまとめます。

1. 舌側矯正 :裏側に矯正装置を装着することで、矯正装置が見えづらくなる
2. マウスピース矯正 :着脱式のマウスピース型の矯正装置で、装置自体も目立たない仕様になっている
3. インビザラインの特徴 :装着の違和感が少ない、破損しにくい、通院の頻度が少なくてすむなど
4. 矯正治療を受けるメリット :歯並びが改善されることで歯磨きしやすくなり、虫歯などを予防しやすくなる

これら4つのことから、見えない矯正装置について分かります。
矯正装置には種類があり、目立たないマウスピース型の矯正装置にすることで見えない矯正治療が可能です。
これによって、矯正治療中だということを人に知られることなく歯並びを綺麗に改善できます。
また、舌側矯正という裏側に矯正装置を装着する方法も目立たない矯正治療の1つです。