ホーム > 院長ブログ

1月, 2018年

歯の表面に矯正装置が見えるのが嫌なのですが… [2018年01月18日]

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「見えない矯正方法について」です。
矯正治療をしたいと思いつつも迷っている人は、矯正治療において2つのことを気にしています。

1つは費用の高さ…矯正治療は健康保険が適用されないので費用は高くなります。
このため、費用の点で治療を迷うのは患者さんとして当然です。
そしてもう1つは矯正装置の装着…見た目の悪さから、目立つ矯正装置の装着に抵抗を感じる人は多いです。

しかし、後者については問題の解消方法があります。
見えない矯正装置を使用することで、矯正治療中の見た目の悪さを感じなくできるのです。

見えない矯正方法

見えない矯正治療には2つの方法があります。
1つは裏側矯正と呼ばれる方法で、従来装着するワイヤーを歯の裏側に装着します。
そうすることで表側から矯正装置が見えなくなるのです。

もう1つの方法はマウスピース矯正で、文字どおりマウスピースの矯正装置を使用する方法です。
マウスピースが透明になっているため、矯正装置を装着していることが周囲に気付かれないのです。
ではこの裏側矯正とマウスピース矯正について、以下で詳しく説明していきます。

裏側矯正のメリット

裏側矯正は舌側矯正とも呼ばれており、舌側…つまり歯の裏側に矯正装置を装着します。
このため目立たないというのが最大のメリットですが、それ以外にもメリットがあります。
まず虫歯になりにくいという点です。

歯の表面にはエナメル質がありますが、このエナメル質は歯の表側より裏側の方が厚くなっています。
このため、歯の裏側は虫歯菌の出す酸に溶けにくいという特徴を持っています。
また、歯の裏側は常に唾液が循環しているため、殺菌作用が高い箇所でもあります。

矯正装置の装着は虫歯のリスクを高めますが、
元々虫歯になりにくい裏側に装着すれば虫歯になるリスクを減らすことができるのです。
さらに、裏側矯正は唇のケガを防ぐことができます。

口元をぶつけた場合、矯正装置が表側にあれば衝撃で唇を傷つけてしまうでしょう。
その点、裏側矯正なら口元をぶつけても矯正装置と唇がぶつかり合うことがないのです。
見た目の良さ以外にも、裏側矯正にはこのようなメリットがあります。

裏側矯正のデメリット

裏側矯正にはメリットだけでなくデメリットもあります。
メリットだけでなく、デメリットにも注目してそれを把握した上で使用を検討してください。
従来の表側矯正と比較した場合の裏側矯正のデメリットは主に3つです。

1つは発音がしづらいこと…舌側に矯正装置を装着することから、どうしても発音時に違和感があります。
最も、これは慣れで解決できる問題でもあります。
2つ目のデメリットは費用の高さです。

裏側矯正の場合、患者さんに合わせたオーダーメイドの矯正装置を製作します。
このため作業に時間が掛かり、高い技術も必要です。
その点で費用が高くなっており、おおよその相場は表側矯正の1.5倍ほどになっています。

最後3つ目のデメリットは、裏側矯正に対応している歯科医院の数の問題です。
決して少なくはないものの、一般的な表側矯正に対応した歯科医院に比べると、
裏側矯正に対応した歯科医院の数は少なくなっているでしょう。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正は、透明なマウスピースを装着して矯正する方法です。
メリットとしては矯正装置が目立たないことが真っ先に挙げられますが、
それ以外にも自分で取り外しできるというメリットがあります。

これによって食事や歯磨きで不自由さを感じることがないですし、
歯磨きがしやすいことで矯正治療中の虫歯や歯周病を予防しやすくなります。
また、矯正装置を装着していることでの痛みが小さい点もメリットと言えるでしょう。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正のデメリットは、歯を動かす力が弱いことです。
審美性では表側矯正、さらには裏側矯正にも勝っていますが、
こうしたワイヤーを使用する矯正方法に比べて歯を動かす力が弱いのです。

このため、マウスピース矯正は対応できる症例に限りがあります。
ちなみに矯正装置…つまりマウスピース自体にもいくつか種類がありますが、
その中でもインビザラインは比較的幅広い症例に対応できます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、見えない矯正方法についてまとめます。

1. 見えない矯正方法 :裏側矯正とマウスピース矯正の2つの方法がある
2. 裏側矯正のメリット :虫歯になりにくく、ぶつけることによる唇のケガを防ぎやすい
3. 裏側矯正のデメリット :発音がしづらい、費用が高い、対応している歯科医院が少なめ
4. マウスピース矯正のメリット :自分で取り外しできるため、食事や歯磨きの時に不自由さを感じない
5. マウスピース矯正のデメリット :歯を動かす力が弱いので、対応できる症例が限られる

これら5つのことから、見えない矯正方法について分かります。
裏側矯正やマウスピース矯正なら、矯正装置の見た目の問題を解決できます。
ただし、矯正治療において重要なのは矯正装置の審美性だけではありません。
このため、裏側矯正やマウスピースを希望する際はメリットだけでなくデメリットにも注目し、
それら全てを把握して上で治療を受けるか受けないかを決めましょう。

歯は抜かないといけませんか? [2018年01月18日]

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「矯正治療における抜歯の必要性」です。
矯正治療を受けようとした時、歯科医から抜歯することを告げられることがあります。

特に、治療内容として矯正装置を装着するだけのイメージをしていた人にとっては、
抜歯することを告げられることで不安を感じてしまうでしょう。
では、矯正治療では絶対に歯を抜かなければならないのでしょうか?…今回はそれについてお答えします。

抜歯をする可能性について

矯正治療で抜歯をするかどうか、その可能性はこの場で断言できません。
確かに、矯正治療では抜歯が必要になることがありますが、抜歯が必要でないこともあるのです。
歯の凸凹の度合い、前歯を覆っている唇の大きさなど、これらを総合的に判断して抜歯の必要性を考えます。

つまり、実際に診断してみないことには分からないのです。
そう考えると、最初から「抜歯をしない」と公言している歯科医院での矯正治療はおすすめできません。
抜歯が必要であるにもかかわらず抜歯せずに矯正治療を行えば、治療の失敗を招くからです。

抜歯をする目的

そもそもなぜ矯正治療で抜歯が必要なのか?…これについて分かりやすく説明していきます。
矯正治療とは歯並びを綺麗にするための治療で、歯は顎の骨となる歯槽骨によって支えられています。
とは言え、これではイメージしにくいと思うので、例を挙げて説明しましょう。

歯並びが悪いというのは、例えるなら4人掛けのソファに5人が座っている状態です。
当然綺麗に並んで座ることができず、5人は凸凹に無理やり座っている状態になります。
この場合、いくら5人を整列させても綺麗に並ぶことはできません。

何しろソファが4人掛けなのですから、そもそも5人並んでいることに問題があるのです。
ではどうすれば綺麗に座れるのか?…それは1人ソファから降ろすことです。
そうすれば人数は4人に減り、4人掛けのソファに綺麗に並ぶことができます。

矯正治療における抜歯はこれと同じ理由です。
歯を綺麗に並べようにも並ぶスペースがない…だから抜歯をしてスペースを作っているのです。

抜歯せずに矯正治療をするには

これには2つの方法があります。1つは顎を拡げることで、これは子供の矯正治療でよく用いられる方法です。
顎を拡げる矯正装置を使用し、1年以上掛けて顎を少しずつ拡げていきます。
ちなみに矯正治療をテーマにした質問の中で、こんな質問をよく聞きます。

「矯正治療は大人になってからした方が良いのか?子供の頃にした方が良いのか?」
…この答えは後者です。理由はいくつかありますが、
その中の1つとして「抜歯せずに矯正治療できる可能性が高い」というのが挙げられます。

もう1つの方法は、歯を削ることです。例えば前歯の6本を矯正治療するとして、
全ての歯を1ミリ削ればトータルで6ミリの余裕が生まれ、その隙間を使って矯正治療ができます。

ただし、いずれの場合も歯の凸凹が少ない場合のみ適応できる方法ですから、
凸凹の状態によってはやはり抜歯が必要になってきます。

抜歯をしないとどうなるか

抜歯が必要にもかかわらずそれを無視して矯正治療を行った場合、以下の2つの問題が起こります。

・口元の見た目が悪くなる
歯槽骨の幅が小さく歯が大きい場合、通常なら抜歯が必要です。
それを無視して矯正治療を行うと、歯を無理やり並べることになります。
しかし当然並びきらないため、その分歯が外側に飛び出してしまいます。

そうなると口を閉じても口元が大きく前に出てしまい、口元の見た目が悪くなってしまうのです。
また、これによって口が閉じられなくなると口呼吸になり、
口の中が渇いて虫歯や歯周病になるリスクを高めるという全く別の問題を招いてしまいます。

・後戻りが起こりやすい
誤解を招かないために最初に言っておくと、抜歯をした矯正治療でも後戻りは起こります。
後戻りとは矯正治療を終えた後、歯が元の状態…つまり治療前の歯並びの状態に戻ろうとすることです。
これを防ぐため、矯正治療を終えた後はリテーナーという保定装置を装着して対処します。

さて、抜歯が必要にもかかわらずそれを無視して矯正治療したとなると、
本来歯が綺麗に並びきらないスペースに無理やり並べたことになります。
この場合、後戻りがより起こりやすくなってしまうのです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療における抜歯の必要性についてまとめます。

1. 抜歯をする可能性について :診断してみないと分からないため、確率はこの場で断言できない
2. 抜歯をする目的 :歯を綺麗に並べるために必要なスペースの確保
3. 抜歯せずに矯正治療するには :顎を拡げるなどの方法があるが、凸凹の状態によっては対処できない
4. 抜歯をしないとどうなるか :口の見た目が悪くなり、後戻りも起こりやすくなる

これら4つのことから、矯正治療における抜歯の必要性について分かります。
正直、大人の矯正治療では抜歯が必要になるケースが多いでしょう。
しかし、それを無視してしまえば矯正治療の失敗を招いてしまいます。
とは言え、抜歯を嫌だと感じる患者さんの気持ちは充分理解できるので、
まずは歯科医に相談し、歯並びの状態から抜歯の必要性を診断してもらうと良いでしょう。

矯正治療は歯科医によって、言うことや見解が違うのですが? [2018年01月10日]

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「矯正治療における歯科医ごとの見解の違い」です。
矯正治療は健康保険が適用されないため、費用が高額になる治療です。
また治療期間も長いため、虫歯治療と違って患者さんも歯科医院選びにこだわります。

だからこそ、いくつかの歯科医院に相談してから決める人が多いのです。
さて、ここで患者さんがある疑問を感じることがあります。
それは、相談する中でそれぞれの歯科医の言うことや見解が違うというケースです。
A医院の歯科医とB医院の歯科医とで言うことが違うと、どちらが正しいのか迷ってしまいますからね。

そもそも、なぜこうした見解の違いが生じるのでしょうか?…それを考えるのが今回のテーマです。

技術の差によって生じる見解の違い

これは虫歯治療にも言えることですが、治療技術は歯科医によって違います。
そして、矯正治療の場合は特にこの治療技術の差が大きくなっているのです。
と言うのも、矯正治療は難易度の高い治療ですが、
現在の歯科医師法では歯科医師免許を持っていれば矯正治療を行えるシステムになっています。

その一方で、矯正治療には日本矯正歯科学会を中心として多くの学会が存在し、
知識と技術に秀でた歯科医だけが取得できる専門医制度が設けられています。
このため、矯正治療を行う歯科医の中には矯正治療の経験が浅い歯科医もいれば、
経験豊富で専門医の資格を持つ歯科医もいるのです。

これらの歯科医を比較すれば技術の差は歴然で、それゆえ見解や言うことに違いが生じるのです。

 矯正方法によって生じる見解の違い

矯正治療にはいくつかの方法があります。
「矯正装置を装着して歯を動かす」…この根本はどの方法も同じですが、矯正装置に違いがあります。
そして、それぞれの矯正装置によって特徴が異なります。

では例としてブラケットを使用するワイヤー矯正と、
マウスピースを使用するマウスピース矯正について考えてみましょう。
ワイヤー矯正は審美性が低いものの、マウスピース矯正に比べて歯を動かす力が強い特徴があります。

まずここで見解の違いが生まれます。ワイヤー矯正を取り扱う歯科医であれば、
歯並びが極度に悪い人に対しても一定の効果を約束するでしょう。
しかしマウスピース矯正を取り扱う歯科医であれば、歯並びが極度に悪い人には歯を動かしにくいと伝えます。

つまり取り扱っている矯正方法の違いから、矯正治療の効果の点で歯科医によって見解が違ってくるのです。

矯正装置によって生じる見解の違い

例えばマウスピース矯正を取り扱う歯科医であれば、矯正治療でマウスピースを使用します。
最も一般的なのはインビザラインで、これは世界でナンバー1のシェアを誇る実績あるマウスピースです。
ただしマウスピースの種類は他にもあり、どのマウスピースを取り扱っているかは歯科医ごとで異なります。

ちなみにマウスピース矯正は歯を動かす力がワイヤー矯正に劣るものの、
前述したインビザラインは比較的幅広い症例に対応できる強みを持っています。
しかし、アソアライナーなど他のマウスピースにおいてはインビザラインほど歯を動かす力がありません。

ここでもまた見解の違いが生まれます。マウスピース矯正に対応したAとBの歯科医院があったとして、
Aの歯科医院ではインビザライン、Bの歯科医院ではアソアライナーを取り扱っているとします。
さてここで、やはり歯並びが酷く悪い人がそれぞれの歯科医に相談したとします。

Aの歯科医はインビザラインを取り扱っているため、ある程度歯並びが悪くても対応可能と回答します。
しかしBの歯科医はアソアライナーを取り扱っているため、この場合は対応不可能と回答するかもしれません。
つまり、同じマウスピース矯正に対応した歯科医でも、
取り扱っているマウスピースの種類が異なることで見解の違いが生まれるのです。

専門医の資格に注目

このような理由から歯科医によって見解や言うことが異なるわけですが、
患者さんからすればどの歯科医の言うことが最も正しいのか疑問に思うでしょう。
そこで1つアドバイスをすると、矯正治療の技術が高い歯科医に相談することです。

そして、技術が高い歯科医を知る方法は日本矯正歯科学会の専門医の資格の有無に注目することです。
専門医の資格を取得する基準は非常に厳しいため、
その資格を持つ歯科医は一般の歯科医に比べて技術が高いのは確実です。

日本矯正歯科学会のWEBサイトではこうした専門医が在籍する歯科医院を調べることができますし、
それも都道府県別に調べることができます。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正治療における歯科医ごとの見解の違いについてまとめます。

1. 技術の差によって生じる見解の違い :専門医と経験の浅い歯科医とでは、技術の差で見解が違ってくる
2. 矯正方法によって生じる見解の違い :矯正方法には種類があり、対応している方法で見解も違ってくる
3. 矯正装置によって生じる見解の違い :マウスピース矯正でもいくつか種類があり、見解が違ってくる
4. 専門医の資格に注目 :日本矯正歯科学会の専門医の資格を持つ歯科医は技術が高い

これら4つのことから、矯正治療における歯科医ごとの見解の違いについて分かります。
技術の差、矯正方法の違い、矯正装置の違い…これらが理由で歯科医の見解に違いが出ます。
この中で患者さんにとってリスクになるのは「技術の差」による見解の違いでしょう。

このリスクを回避するには、相談する時点で技術の高い信頼できる歯科医に相談することです。
そのためには日本矯正歯科学会の専門医の資格の有無に注目することです。
矯正治療は難易度の高い治療のため、治療を受ける歯科医にこだわることも大切になってきます。

マウスピース矯正と普通の矯正はどう違うのですか? [2018年01月04日]

矯正、インビザラインを行っている南浦和の歯医者さん、くろさき歯科です。
今回は、マウスピース矯正と普通の矯正はどう違うのか、について解説いたします。

マウスピース矯正は、透明な薄い板でできたマウスピースを装着して、歯並びを整える矯正方法です。“普通の矯正”というのは、一般的な矯正方法である“ブラケット矯正”を例にして、いくつかの項目に分けて違いを詳しくみていきたいと思います。

矯正装置・矯正方法の違い

(1)マウスピース矯正
薄く透明に近いマウスピースを装着して、歯並びを整えていきます。装置が透明なので、装着した時に目立たないのが、最大のメリットです。装着時の違和感も少ないです。1日20時間以上の装着が基本となりますが、食事の時や歯みがきの時には外す事ができます。

マウスピース矯正は、最初に検査・診断を行った後、そのデータをもとに、どのように歯が動いていくのかシュミレーションして、何枚かのマウスピースが作製されます。マウスピースは、治療の段階に合わせて、おおよそ2週間ごとに自分で付け替えていきます。指示どおりに付け替える事、また装着時間を守る事など、良い矯正結果を得るためには、患者様の自己管理がとても大切です。

(2)ブラケット矯正
歯のひとつひとつにブラケットという矯正装置を付け、そこにワイヤーを通して歯を動かしていく矯正方法です。装置を歯の表側に装着する事が多く、目立ちやすいという欠点がありましたが、最近では透明や白色の目立ちにくいブラケットも出てきていますし、歯の裏側にブラケットを装着する方法も多くみられるようになってきました。矯正装置が複雑な形をしているので、汚れが溜まりやすく、虫歯になりやすいというデメリットがあります。

適応症例の違い

(1)マウスピース矯正
マウスピース矯正は、残念ながら適応できない症例があります。歯根の移動距離が多いケースや、歯のでこぼこが大きいケース、噛み合わせの改善が必要なケースでは、マウスピース矯正だけでは、思うように治療が進まない事があります。当院では、4ミリ以上の重なりや隙間がある場合や、歯を抜いて矯正をした方が良い場合には、他の矯正方法を紹介しています。先にブラケット矯正である程度歯を動かしてから、マウスピース矯正を行う方法もあります。

(2)ブラケット矯正
ブラケット矯正は、歯並びと噛み合わせを治す事ができる矯正方法です。マウスピース矯正と比べて、歯並びや噛み合わせを細かく調整できます。ほとんどの症例に適応できる最も確実な矯正方法だといえます。

治療費用の違い

矯正治療は、保険適用外の治療となります。自費治療となるので、歯科医院ごとに費用が異なります。また、歯並びの状態により、個人差が大きいので、矯正前の相談で細かく確認しておきましょう。

(1)マウスピース矯正
費用の目安は、80万円〜100万円程度です。歯科医院によって異なりますが、装置の費用以外に、カウンセリング費用や精密検査費用、保正装置費用がかかってきます。
当院のマウスピース矯正にかかる費用は次のとおりです。
a. 初診相談料・検査料・診断料 無料(いずれも1回のみ無料)
b. 装置料50万円〜80万円

c. 調整料、観察料 5,000円(毎月の来院チェックの際にかかる費用)
d. 保定装置費用 3万円(1回)

(2)ブラケット矯正
費用の目安は、80万円〜120万円程度です。マウスピース矯正と同様、装置の費用以外に、カウンセリング費用や精密検査費用、保正装置費用がかかってきます。ブラケット矯正の種類により費用が異なり、表側ブラケット矯正の場合は80万円程度、裏側ブラケット矯正の場合は120万円程度です。表側ブラケット矯正は、マウスピース矯正とほとんど費用は変わりませんが、裏側ブラケット矯正は、割高になります。透明や白色のブラケットを希望の場合には、材料によって多少高くなる事があります。

治療期間の違い

(1)マウスピース矯正
治療期間は、平均して1年〜2年といわれています。歯並びの状態によって差が出てきます。歯を移動させる量が少ないケースでは、数ヶ月で治療が終わる事複雑なケースでは、2年以上かかる事もあります。

(2)ブラケット矯正
治療期間は、平均して2年半〜3年で、マウスピース矯正よりも時間がかかる事が多いです。裏側ブラケット矯正の場合は、通常のブラケット矯正よりも長くかかる傾向にあり3年〜となります。

(3)保定期間について
いずれの治療法も、保定期間が必要になります。矯正治療終了後、しばらくの間は歯が元の位置に戻る「あと戻り」が起こりやすくなります。保定期間とは、あと戻りを防ぐために、保定装置(リテーナー)を装着する期間です。保定期間は一般的に、歯を動かした期間と同じくらい必要だといわれています。これは、マウスピース矯正でもブラケット矯正でも同じ事が言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。マウスピース矯正とブラケット矯正の違いを「矯正装置・矯正方法」「適応症例」「治療費用」「治療期間」に分けて解説していきました。矯正方法を決める際に重要なのは、その方法が自分の歯並びに適応しているかどうかという事です。歯科医院で検査診断を受け、その上で見た目や費用、治療期間など希望に応じて歯科医師と相談しながら矯正方法を選びましょう。