ホーム > 院長ブログ

9月, 2017年

矯正は痛いですか? [2017年09月29日]

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「矯正治療の痛みの有無」です。
歯科の治療というのは誰もが痛みの有無を気にするもので、矯正治療においても同じことが言えます。

特に矯正治療は人によって意見がまばらであり、痛いと言う方もいれば痛くないと言う方もいるのです。
そこで、ここでは矯正治療の痛みの有無をテーマとして、
ただ痛むかどうかではなく痛みを感じる場面についても詳しく説明していきます。

矯正治療の痛みの有無について

痛いと言ってしまうと不安に思うかもしれませんが、正直な意見としては矯正治療では痛みを感じます。
ただし常に痛むというわけではなく、痛みを感じる場面は限られています。
実際に痛みを感じる場面を以下でお伝えしていきますが、どうしても痛い場合は歯科医に相談しましょう。

そうすれば痛みを最小限に抑える方法のアドバイスを貰えますし、
少しでも痛みを感じなくてすむための日常生活の過ごし方の工夫も教えてもらえます。
完全に痛みをゼロにすることは不可能なものの、痛みへの対処方法はいくつかあるのです。

 矯正装置装着による痛み

矯正装置装着の痛みの有無は、どんな種類の矯正装置を使用するかによって異なります。
例えば金属のワイヤーを使用するブラケットタイプの矯正装置は、
金具が頬に当たることで痛みを感じますし、痛い口内炎ができやすい問題もあります。

一方、マウスピースタイプの矯正装置は痛みが少ないと言われており、
着脱式で口腔内管理もしやすいことから口内炎も予防しやすくなっています。
最も、矯正装置装着については痛みよりも違和感や発音のしづらさを気にする方が多いですね。

抜歯による痛み

矯正治療をする際、どうしても抜歯が必要になることがあります。
ちなみに矯正治療は大人よりも子供の時に行った方が良いと言われていますが、
その理由の1つなっているのが抜歯の有無で、子供の矯正では抜歯せずに矯正できる可能性が高いのです。

さて肝心の痛みですが、これは虫歯や歯周病で抜歯するのと同じで麻酔を使用するため、
実際には抜歯することへの痛みはそれほど大きくありません。
麻酔が切れた後には痛みを感じてしまうものの、あくまで一時的なものですし痛み止めの薬で対処できます。

口内炎による痛み

特にブラケットタイプの矯正装置を使用した際に言えることですが、
矯正治療中は普段よりも口内炎ができやすくなってしまいます。
これは、矯正装置を装着することでお口の中の粘膜を傷つけてしまうことが要因とされています。

ブラケットタイプの矯正装置は金属を使用しているケースも多く、
慣れないうちはどうしてもお口の中の粘膜を傷つけてしまうでしょう。
ちなみに、口内炎を予防しやすいのは金属を使用していないマウスピースタイプの矯正装置です。

生活する中での痛み

矯正装置は定期的に交換が必要ですが、交換直後はどうしても痛みを感じてしまいます。
また、食事で噛む動作をするたびに痛みを感じるケースもありますし、
歯が動くことからただ装着していても痛いという患者さんもいます。

さらに、噛み合わせが安定していないことから矯正治療中は頬を噛んでしまうこともあり、
それもまた痛みにつながってしまいます。とは言え、生活する中での痛みの有無は人によって異なりますし、
ある程度矯正治療を続けていく中で慣れて痛まなくなっていくでしょう。

痛みへの対処方法

矯正治療では、上記のような場面で痛みを感じることがありますが、
それと同時に痛みへの対処をすることも可能です。
基本は痛み止めを飲むことで、痛み止め自体はドラッグストアで購入できるものでも構いません。

さらに、マウスピースタイプの矯正装置を使用することでも痛みをやわらげることができます。
特にインビザラインは従来のマウスピースタイプの矯正装置よりも小さめになっており、
口腔内管理がしやすいだけでなく装着することへの痛みや違和感もやわらげることができるのです。

また、ブラケットタイプの矯正装置を使用している方はホワイトワックスが効果的です。
これは粘土状のワックスをブラケットに塗ることで、ブラケットとお口の中が擦れる痛みを防げます。
他にも、やわらかいものを食べることで噛む痛みをおさえることが可能です。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、矯正治療の痛みの有無についてまとめます。

1. 矯正治療の痛みの有無について :痛みを感じるがそれは常ではなく、痛みを感じる場面が限られている
2. 矯正装置装着による痛み :ブラケットタイプは金具が頬に当たって痛む上、口内炎もできやすい
3. 抜歯による痛み :矯正において抜歯が必要なケースが多いが、麻酔を使用するので痛みは少ない
4. 口内炎による痛み :ブラケットタイプは金具が口内の粘膜を傷つけやすく、そのため口内炎ができやすい
5. 生活する中でも痛み :人それぞれの部分はあるが、矯正装置の交換直後などは痛みを感じやすい
6. 痛みへの対処方法 :痛み止めをはじめ、日常生活や矯正装置の種類を考えることで痛みを軽減できる

これら6つのことから、矯正治療の痛みの有無が分かります。
矯正治療には痛みを感じる場面がありますが、それを我慢してはいけません。
もちろん仕方のない痛みはあるものの、歯科医に相談することで解消できる痛みもあるからです。
トータルで考えれば、マウスピース矯正なら痛みをある程度抑えることができます。

マウスピースを使った矯正があると聞いたのですが、どんなものですか? [2017年09月17日]

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「マウスピースを使用した矯正治療」です。
矯正治療の最大の欠点とも言えるのが、矯正装置の装着です。

治療の上で必要とは言え、目立つ矯正装置の装着が嫌で矯正治療を断念した方もいるでしょう。
さて、そんな矯正装置の目立つ欠点を克服したのがマウスピース矯正です。
「目立たない矯正治療」とも言われるマウスピースを使った矯正についての説明…それが今回のテーマです。

 マウスピース矯正とは

文字どおりマウスピースを使用した矯正治療で、マウスピースが矯正装置になっているのです。
マウスピースは着脱式で、自分で取り外しすることが可能です。
とは言え効果を得るには長時間の着用が必要になるため、基本的には装着したままになります。

それでも食事や歯磨きの際には外すことができるのは大きなメリットです。
特に歯磨きの際に外せるメリットは大きく、これによって歯が磨きやすくなるため、
矯正治療中の虫歯や歯周病になるリスクを大幅に減らすことができるのです。
そして、何より最大の特徴は矯正装置の装着が目立たないことです。

インビザライン

マウスピース矯正で使用するマウスピースにはいくつかの種類がありますが、
その中で最も使用されているのがインビザラインと呼ばれるタイプです。
インビザラインは国内ではもちろん海外でも普及しており、世界ナンバー1のシェアを誇っています。

それだけ普及しているのは他のマウスピースタイプの矯正装置に比べてメリットが多いからで、
具体的にインビザラインには「目立たない」以外にも次のようなメリットがあります。

対応できる症例が多い

マウスピース矯正は従来のブラケット矯正に比べて歯を動かす力が弱く、
そのため対応できない症例があるのが欠点です。
しかし、インビザラインは他のマウスピース矯正で対応できない症例にも比較的対応できるため、
ブラケット矯正でしか治らないと診断されたケースでも矯正可能なことがあります。

痛みや違和感が少ない

これはマウスピース矯正全般に言えることですが、矯正装置を装着しても痛みはありません。
それに加えてインビザラインは装着も違和感も少なく、発音しにくいといった問題も起こりにくいのです。
これは、インビザラインの形状が他のマウスピースの矯正装置に比べて小さく設計されているからで、
そのため歯肉が覆われることもなく違和感が少ないのです。

3Dシミュレーションが可能

従来の矯正治療では、治療後の歯並びの状態を口頭や文章で伝えるだけですが、
インビザラインでは3Dシミュレーションによって治療後の歯並びの確認が可能です。
これによって実際に最終的に歯並びがどうなるかが分かりやすく、
患者さんにとっても矯正治療を続けるモチベーションの維持に繋がります。

金属アレルギーの心配がない

インビザラインは素材に金属を一切使用しておらず、そのため金属アレルギーの方でも安心して使用できます。
最も、金属アレルギーに対処した矯正装置はインビザインだけではないため、
実際に金属アレルギーを持っている方は歯科医にその旨を伝え、安全な矯正装置を選択しましょう。

…「目立たない」という点でも充分魅力ですが、
それ以外にもインビザラインにはこうしたメリットがあるのです。

マウスピース矯正の欠点

ブラケット矯正と比較した際、目立ちにくさにおいてはマウスピース矯正の方が断然目立ちにくいものの、
全てにおいてマウスピース矯正の方が優れているというわけではありません。
ブラケット矯正と比較すると、マウスピース矯正には2つの欠点があります。

1つは矯正で歯を動かす力…これはブラケット矯正の方が力は強く、
そのため多くの症例に対応できるのはブラケット矯正になります。
とは言え、インビザラインなら従来のマウスピース矯正に比べて対応できる範囲は広くなっています。

もう1つの欠点は、矯正の方法に対応している歯科医院の数です。
マウスピース矯正は比較的新しい矯正方法になるため、
ブラケット矯正に比べるとマウスピース矯正は行っていない歯科医院が多いのが現状です。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、マウスピースを使用した矯正治療についてまとめます。

1. マウスピース矯正とは :着脱式のマウスピースタイプの矯正装置を使用。目立ちにくいのが最大の特徴
2. インビザライン :マウスピースの矯正装置の中では世界で最も普及。違和感が少ないなどのメリット
3. マウスピース矯正の欠点 :歯を動かす力がブラケット矯正より弱く、扱っている歯科医院が少なめ

これら3つのことから、マウスピースを使用した矯正治療が分かります。
矯正治療は歯並びの改善という大きな審美的効果を得られるものの、目立つ矯正装置の装着が欠点です。
そんな中登場したのがマウスピース矯正という矯正方法です。
透明で目立ちにくく、なおかつ着脱式というブラケット矯正にはない特徴を持っています。

見えない矯正があると聞いたのですが、どんなものですか? [2017年09月10日]

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「見えない矯正装置について」です。
歯列矯正を検討している方が最も悩むのは、ある意味効果の程よりも矯正装置の装着です。

歯並びが良くなるとは言え、長期間矯正装置を装着するのは目立って嫌だと思う方が多いからです。
さて、そんな矯正装置において最近では「見えない」、「目立たない」をウリにしたものがあります。
言わば見えない矯正…それは一体どういったものなのかを説明していきます。

舌側矯正

裏側矯正やリンガル矯正とも呼ばれる方法で、矯正装置を歯の裏側に取り付けます。
従来表側に装着する矯正装置を舌側…つまり裏側に装着することで目立ちにくくなります。
しかし、この方法は目立たない反面別のデメリットが生まれました。

それは、舌側に矯正装置を装着することで「発音しづらい」、「歯磨きがしにくい」といった問題です。
そこで近年ではサイズがより小さくなり、目立たないメリットはそのままで違和感ない装着が可能になりました。
タイプによってはオーダーメイドになるため、患者さんにピッタリと合ったタイプのものを使用できます。

マウスピース矯正

名前のとおり、マウスピースを矯正装置とした方法です。
マウスピースは着脱式であるため、矯正装置でありながら自由に取り外しできます。
効果を得るには長時間の着用が必要ですが、歯磨きや食事に際に外せるのは大きなメリットです。

またマウスピース自体目立たないですし、種類によっては透明なタイプもあります。
このため、装着している時にも矯正装置は目立ちません。
ちなみに最も一般的なのはインビザインというタイプで、日本だけでなく世界中で普及しています。

インビザラインの特徴

見えない矯正…その方法は目立たない矯正装置にあり、具体的には舌側矯正とマウスピース矯正です。
その中でも最も注目されているのはマウスピース矯正であるインビザラインです。
そこで、インビザラインの特徴を以下にまとめてみます。

違和感の少ない装着感

インビザラインは他のマウスピースタイプの矯正装置に比べ、小さめな形状になっています。
このため近くの歯肉を覆うこともなく、装着の違和感が少ない特徴を持っています。

破損しにくい

インビザラインの材質は他のマウスピースタイプの矯正装置に比べて柔軟になっており、
そのため破損しにくく事故の起こりにくい矯正装置です。

通院の頻度が少なくてすむ

マウスピース矯正は一定期間ごとにマウスピースを交換するため、その都度通院が必要です。
その点、インビザラインはある程度まとめてお渡しできるため、その分通院の頻度が少なくてすみます。

多くの症例に適用できる

マウスピース矯正は目立たない反面、ブラケット矯正に比べて適応できる症例が少なめなのが欠点です。
しかしその中でもインビザラインは対応範囲が広く、
従来のマウスピース矯正では対応しきれない矯正も可能な場合があります。

治療度の歯並びをシミュレーションできる

インビザラインでは3Dシミュレーションによって治療後の歯並びを予測できます。
このため、矯正後にどうなるか分からないと患者さんが不安に感じることがありません。

…インビザインにこうした特徴があることから、 マウスピース矯正の中で最も愛されている矯正装置であり、世界シェア1位を獲得しています。

矯正治療を受けるメリット

このようにインビザラインを中心として見えない矯正方法があることから、
矯正装置の装着に悩む方でも安心して矯正治療を受けられます。
さて、そこで最後にお伝えするのが矯正治療を受けることにはどんなメリットがあるのかです。

最大のメリットは言うまでもなく歯並びの改善ですが、実はそれ以外にもメリットがあります。
それは、虫歯や歯周病を予防しやすくなる点です。
歯並びが悪ければ特定の箇所にプラークが溜まり、さらに歯磨き自体しづらいでしょう。

その点、矯正治療を受けて歯並びを改善すれば歯磨きがしやすくなり、
そのため虫歯や歯周病を予防しやすくなるのです。
そして虫歯や歯周病を予防しやすくなるということは、自分の歯を守ることにもなるのです。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、見えない矯正装置についてまとめます。

1. 舌側矯正 :裏側に矯正装置を装着することで、矯正装置が見えづらくなる
2. マウスピース矯正 :着脱式のマウスピース型の矯正装置で、装置自体も目立たない仕様になっている
3. インビザラインの特徴 :装着の違和感が少ない、破損しにくい、通院の頻度が少なくてすむなど
4. 矯正治療を受けるメリット :歯並びが改善されることで歯磨きしやすくなり、虫歯などを予防しやすくなる

これら4つのことから、見えない矯正装置について分かります。
矯正装置には種類があり、目立たないマウスピース型の矯正装置にすることで見えない矯正治療が可能です。
これによって、矯正治療中だということを人に知られることなく歯並びを綺麗に改善できます。
また、舌側矯正という裏側に矯正装置を装着する方法も目立たない矯正治療の1つです。

歯列矯正は大人になってからでもできますか? [2017年09月01日]

東京護国寺駅の歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「歯列矯正は大人になってからでもできるのか」です。
子供に歯列矯正を受けさせる親御さんは多いですが、
逆に歯列矯正をしている親御さんというのはあまり見かけることがありません。

そこで疑問となるのが、歯列矯正は大人になってからでもできるのかということです。
また、例えできたとしても充分な効果が得られなければ大人が歯列矯正をする意味はないですし、
その点も含めて大人の歯列矯正についてお話ししていきます。

 大人の歯列矯正について

結論から言うと、歯列矯正は大人になってからでもすることが可能です。
ではなぜ子供の時に歯列矯正をする方が多いのか?…それは単に子供と大人の歯列矯正を比較すれば、
子供の時に歯列矯正をした方が良いとされているからです。
逆に言えば、大人の歯列矯正は可能ではあるものの子供の場合と比べて以下のデメリットがあるのです。

抜歯が必要になる

子供の歯列矯正でも抜歯が必要になる可能性はありますが、抜歯せずにできることもあります。
一方大人の歯列矯正ではまず確実に抜歯が必要となってしまいます。

治療期間が長く、後戻りも起こりやすい

成長しきった大人の歯は子供の歯に比べて動きにくく、その動きにくいが歯列矯正に影響してきます。
動きにくい分歯列矯正に時間が掛かりますし、矯正後の後戻りも起こりやすいのです。

お口の健康状態の問題

大人と子供のお口の健康状態を比較すると、年齢的に大人の方が不健康であることが多いです。
歯周病、失った歯があるなど、こうした場合は歯周病治療や失った歯への対処が優先されるため、
大人の場合はすんなりとスムーズに歯列矯正の治療がスタートできないことがあるのです。

…こうした理由から歯列矯正をするなら子供の時にするべきとされていますが、
だからと言って大人になってからできないというわけではなく、大人でも歯列矯正は可能です。

 矯正装置について

大人で歯列矯正を考えている方は治療ができるかどうかはともかく、矯正装置の装着が気になるところです。
子供なら何も考えずに矯正装置を装着するでしょうが、
見た目を気にする大人にとって金属のブラケットの装着はどうしても抵抗があるからです。

最も、そんな患者さんの心理を歯科医も理解し、そのため矯正装置にいくつかの種類が用意されています。
ブラケットにしても金属ではなく目立たないプラスチック製のものがありますし、
自分で取り外し可能なマウスピースタイプの矯正装置もあるのです。

このように目立たない矯正装置があるため、歯列矯正中の見た目の悪さの問題は幾分か改善されています。
ただし、取り扱っている矯正装置は歯科医院ごとで異なりますし、
同じマウスピースタイプにしても種類があるため、その点は治療を受ける歯科医院に確認が必要です。

歯列矯正のタイミングについて

子供の歯列矯正については、何かと治療のタイミングが話題になります。
事実、「どのタイミングで歯列矯正をすれば良いのか?」をテーマにした説明は、
多くの歯科医院のWEBサイトでなされています。

一方大人の歯列矯正のタイミングですが、一言で説明すればタイミングを考える必要はありません。
子供の歯列矯正のタイミングが重要なのは顎の骨や永久歯の発育状況が関係しているからで、
大人の場合はいずれも成長を終えているため、極端に言えば歯列矯正したい時にすれば良いのです。

大人になってから歯列矯正するメリット

大人の歯列矯正は、人によっては今更…と思うかもしれません。
しかし、子供も大人も関係なく歯列矯正にはメリットが多々あります。
見た目の改善はもちろん、それ以外にも虫歯や歯周病を予防しやすくなるメリットがあります。

これは、歯並びが良くなれば歯磨きもしやすくなり、より効率よくプラークを除去できるからです。
また、見た目の改善においても効果は高く、歯列矯正することで自分の笑顔に自信が持てるようになり、
そうなれば人との会話に引け目を感じずコンプレックスの解消にもつながります。

さらに歯列矯正によって噛み合わせの悪さが改善されれば、
それが原因で起こっていた腰痛、頭痛、肩こりも解消されるのです。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、歯列矯正は大人になってからでもできるのかについてまとめます。

1. 大人の歯列矯正について :可能だが、「治療期間が長くなる」や「後戻りしやすい」などのデメリットはある
2. 矯正装置について :目立たない矯正装置もいくつかあるため、歯列矯正中の見た目の悪さは心配ない
3. 歯列矯正のタイミングについて :既に顎の骨や永久歯が成長を終えているため、したい時にすれば良い
4. 大人になってから歯列矯正するメリット :「虫歯や歯周病を予防しやすくなる」、「噛み合わせの改善」など

これら4つのことから、歯列矯正は大人になってからでもできるのかが分かります。
まとめると、歯列矯正をするなら子供の時に行った方が良いものの、大人でも歯列矯正は可能です。
このため、歯並びの悪さで悩んでいる大人の方でも問題なく歯列矯正は受けられます。

歯並びの改善は見た目が良くなるだけでなく、結果的にお口の中を健康に導いてくれます。
その意味では、例え見た目が気にならない方でも歯並びが悪ければ、
自分の大切な歯を守るために歯列矯正することをおすすめします。