ホーム > 院長ブログ

8月, 2017年

マウスピース矯正って何? [2017年08月29日]

文京区護国寺駅近くの歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「マウスピース矯正について」です。
矯正治療は歯並びを改善できるものの、そうなるまでの過程を苦痛に感じるも多いでしょう。

目立つ矯正装置の装着で笑顔に自信が持てず、会話するのも躊躇してしまう人は少なくありません。
そこで、目立たない矯正装置として注目されたのがマウスピース矯正です。

マウスピース矯正とは

マウスピース矯正とは、文字とおりマウスピースタイプの矯正装置を使用する方法です。
ブラケットタイプは目立つ上、痛みを感じるなど装着時の辛さがいくつもあります。
その点マウスピース矯正は透明で目立たないですし、何より自由に取り外しできるのです。

これによって歯磨きや食事を普段どおりにこなせるため、矯正治療中の不便さが大幅に解消されます。
最も、一定以上の時間装着していないと効果が得られないため、外してばかりで過ごすのは厳禁です。
そしてマウスピース矯正の装置にはいくつか種類があり、それぞれ異なった特徴を持っているのです。

インビザラインとそのメリット

マウスピース矯正装置の1つが、インビザラインと呼ばれるものです。
インビザラインの主な特徴を挙げると、「目立たない」、「取り外し可能」、「違和感が少ない」の3つです。
透明な医療用プラスチックを用いているため装着時にも目立たないですし、
取り外しできることで食事や歯磨き時の不自由さがありません。

また、厚さが非常に薄く仕上げられているため、装着時や発音時の違和感も少ないのです。
さらにインビザラインは交換の頻度が2週間に1度、それも自宅で交換可能なので通院回数も少なくすみます。
ちなみにインビザラインは世界で約300万人以上の治療実績があるとされており、
多くの人が使用しているという点で矯正装置に対する信頼度や安全性も確かなものだと証明されています。

アソアライナーとそのメリット/h2>

マウスピース矯正装置の1つが、アソアライナーと呼ばれるものです。
アソアライナーは日本製のため、日本国内で言えば最も普及している矯正装置です。
日本の矯正専門歯科技工所で作られるため、矯正装置の供給が早いのが大きなメリットです。
具体的には、アソアライナーの場合は歯型を取ってから最短で10日ほどで矯正治療を始められます。

また、上記のインビザラインと比較すると費用が安めに設定されている特徴もあります。
ちなみに、アソアライナーは素材が徐々に固くなることで矯正力をコントロールできるため、
歯が動くために生じる痛みを軽減させることができる仕様になっています。

インビザラインのデメリット

インビザラインはマウスピース矯正なので自由に取り外しできるものの、1日20時間以上の装着が必要です。
このため、上記で挙げたように食事や歯磨き時はともかく、それ以外の時間は装着したままです。
「好きな時に装着できて好きな時に外せる」とイメージしていると、実際には全く違うということになります。

また、インビザラインはアソアライナーに比べて費用が高いのもデメリットです。
さらに通院の回数が減って自分で交換できる点をメリットに挙げましたが、
その反面自分で管理しなければならないという点がデメリットに感じてしまう人もいるでしょう。

アソアライナーのデメリット/h2>

アソアライナーのデメリットは矯正治療を行う時点で治療期間を判断できないことです。
インビザラインは仕様上、明確な治療計画を立てられるため治療期間の目安が分かりやすく、
これをドライブに例えればゴール地点が存在してそこに向かって進められるのがインビザラインです。

一方アソアライナーは矯正治療が始まる時点でゴールは見えていません。
地図で道を探しながらゴールを見つける…つまり明確な治療計画が立てられないのです。
このため、治療開始時の段階では治療期間の長さは分からない状態なのがデメリットです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、マウスピース矯正についてまとめます。

  • マウスピース矯正とは :マウスピースタイプの矯正装置を使用した方法。目立たない上に取り外しも可能
  • インビザラインとそのメリット :厚さが薄く、装着や発音時の違和感が少ない。世界的にも知名度が高い
  • アソアライナーとそのメリット :日本製のため供給が早く、歯が動くために生じる痛みが少なくてすむ
  • インビザラインのデメリット :1日20時間以上の装着が必要で、アソアライナーより費用が高い
  • アソアライナーのデメリット :明確な治療計画が立てられないため、治療開始時に治療期間が分からない

これら5つのことから、マウスピース矯正について分かります。
矯正装置の装着に抵抗がある人は、こうしたマウスピース矯正の方法があることも知っておいてください。
目立たないことで、誰にも知られずに矯正治療をすすめることができます。

そして、マウスピース矯正には矯正装置にいくつかの種類があるのです。
その代表的なものが、ここで紹介したインザラインとアソアライナーです。
それぞれ特徴や費用が異なるため、メリットとデメリットを考慮した上で自分に合うものを選びましょう。

筋機能療法って何? [2017年08月21日]

文京区護国寺駅近くの歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
<今回のテーマは「筋機能療法とは何か」です。
矯正治療によって歯並びの悪さは改善できますが、残念ながら矯正治療にも限界があります。

具体的には、お口の状態によっては矯正治療が順調に進まない、
さらには矯正治療ができても後戻りしてしまうといったケースもあるのです。
そして、そんなケースが起こらないようにするためのキーとなるのが筋機能療法です。

筋機能療法とは

唇、舌、顔の筋肉など、いわゆる口の周りの筋肉を鍛えることでバランスを整え、
正常に機能させるためのプログラムです。ちなみに、MFTや口腔筋機能療法とも呼ばれています。
さて、舌癖や口腔習癖や口呼吸によるドライマウス、これらは不正咬合の原因となります。

そして、これらを改善するために行うのが筋機能療法であり、そのための様々なプログラムがあります。
ちなみに、筋機能療法には美容の効果もあるとされており、
もちろんそれがメインではないのですが、筋機能療法には顔のラインを引き締める効果もあるのです。

筋機能療法を行う目的

筋機能療法の目的を一言でお伝えすると「不正咬合の改善」です。
お口の周りの筋肉が弱くバランスが悪くなると舌で前歯が押され、様々なケースの不正咬合を引き起こします。
前歯が開く「開咬」、出っ歯と呼ばれる「上顎前突」、受け口になる「反対咬合」などがそれに該当します。

こうした舌癖があると矯正治療にも影響し、矯正が順調に進まない、後戻りするなどの問題が起こります。
筋機能療法を行うことでそういった矯正治療への問題を改善できますし、
状態によっては、矯正装置なしで筋機能療法のみで不正咬合がある程度改善できることもあるのです。

筋機能療法の方法

本来、筋機能療法は矯正歯科医院で歯科医、もしくは歯科衛生士によって行われます。
最も、全ての歯科医や歯科衛生士ができるわけではなく、
それができるのはセラピストとしてトレーニングされた歯科医や歯科衛生士に限られます。

プログラムはレッスン形式になっており、
レッスン1からレッスン10までの10ステップに分けられています。
レッスン1から始めて1回のレッスンにつき約10分で1日2回行い、 2週間繰り返したら次のレッスンに進みます。

本来ならセラピストの指導の元で行うのが理想ですが、レッスン内容を知っていれば自身でも行えます。

筋機能の状態を知る自己診断

筋機能の状態を自身で知るのは難しく、問題があっても気付かない人がほとんどです。
そこで、あくまで目安ではあるものの自身の筋機能の状態を知る自己診断の方法を紹介します。

  • 舌の脇が歯形のようになってへこんでいる …低位舌の可能性
  • 普段お口を開けた状態になっていることが多い …唇の筋力が弱い可能性
  • お口を閉じた時に「へ」の字になってしまう …唇の筋力が弱い可能性
  • 飲み物を飲む時、前歯で舌を咬む癖がある …異常嚥下癖の可能性
  • 「さ行」と「た行」の発音時、歯と歯の間から舌がでる …異常嚥下癖の可能性

ちなみに低位舌とは舌の先端が下顎前歯の裏側にある状態で、
異常嚥下癖というのは正しい飲み込みができない状態です。
上記の項目に該当することが1つでもあった人は、ぜひ筋機能療法の実践をおすすめします。

筋機能療法をした方がいいケース

筋機能療法での症状改善が推奨されるケースとして代表的なのが、「指しゃぶり」や「舌癖」のある人です。
「指しゃぶり」は子供なら仕方ないと思うかもしれませんが、指の影響で上下の噛み合わせが悪くなりますし、
上の前歯を裏側から押し続けることになって開咬や上顎前突を引き起こしやすくなるのです。

そして、「舌癖」は常に前歯を舌で押し出すことで、歯並びが悪くなってしまいます。
また、筋機能療法では舌を鍛えることができるので、
特に問題がない場合でも楽器を演奏している人などにはおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、筋機能療法とは何かについてまとめます。

  1. 筋機能療法とは :不正咬合改善のため、唇や舌や顔の筋肉などを鍛えてバランスを整えるプログラム
  2. 筋機能療法を行う目的 :不正咬合の改善。不正咬合は矯正治療にも影響してしまう
  3. 筋機能療法の方法 :10段階に分けられたプログラムをセラピストの指導の元で実践する
  4. 筋機能の状態を知る自己診断 :舌の脇が歯形のようにへこんでいる場合などは問題がある
  5. 筋機能療法をした方がいいケース :「指しゃぶり」や「舌癖」がある人。楽器を演奏する人にもおすすめ

これら5つのことから、筋機能療法とは何かが分かります。
矯正治療を行う時、その成功率を高めるために筋機能療法の併用が必要な場合もあります。
また、咬み合わせによっては矯正治療の後に筋機能療法を行った方がいい場合もあります。

現状では筋機能療法を知らない、聞いたことがないという人は多いでしょうが、
矯正治療を検討する人はぜひ知っておいた方がいいですし、
症状次第では矯正治療をすることなく筋機能療法だけで症状が改善する可能性もあるのです。

子供の矯正は早い方がいい? [2017年08月10日]

文京区護国寺駅近くの歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。 今回のテーマは「子供の矯正は早い方がいいのか」です。 子供の歯並びが悪くて矯正治療を受けようと思った時、親の考えには2つのパターンがあります。

1つは「子供の頃から矯正するのは気の毒」という考えで、大人になった時に矯正しようと思うパターンです。 もう1つは「子供のうちに矯正した方がいい」という考えで、早くから矯正しようと思うパターンです。 あくまで考えなので正解も不正解もないですが、歯科医の視点で言えば早くからの矯正がおすすめです。

早い方がいい理由

子供の矯正は早くから行って方がいいですし、もちろんそれには理由があります。 そこで、早くから矯正を行うことのメリットを挙げてみます。

抜歯せずに矯正できる可能性が高い

本来矯正では抜歯が必要になるケースが多いのですが、 子供の矯正では抜歯しなくても矯正できる可能性が高いのです。 具体的には、奥歯の移動や顎の横や前への成長を促して永久歯の生えるスペースを作ります。 永久歯を抜かずに矯正できるのは大きなメリットです。

顎の成長にとってプラスになる

歯並びが悪いことで顎の発育を妨げる可能性があり、 症状次第では顎の関節の痛みを改善するために手術が必要になるケースもあります。 成長期である子供のころに矯正することで将来起こり得るそれらの事態を予防でき、 顎や顔の成長バランスを整えられるのです。

永久歯での本格矯正期間が短期間で終わる

早いうちから矯正すれば、顎の成長のコントロールや永久歯を正規の位置に生えるよう導くことができます。 このため、永久歯になった時に行う本格矯正が容易になるのです。 分かりやすく言えば、早いうちから矯正すれば永久歯になった時に本格矯正しやすい状態を作れるのです。 状態次第では本格矯正が必要なくなる可能性もありますし、必要だとしても短期間で終えられます。

矯正装置の装着で悩まずにすむ

大人が矯正する際、誰もが嫌がるのが矯正装置の装着です。 矯正期間が長い上、その間ずっと矯正装置を装着するのは社会人にとって苦痛でしょうし、 特に見た目を気にする若い男女の場合はなおさらです。その点子供の頃から早いうちに矯正しておけば、 大人になった時に美しい歯並びを実現でき、矯正装置の装着で悩むこともなくなります。

…これらの理由から、矯正は子供の頃から早いうちに行った方がいいのです。

子供の矯正の期間について

子供の矯正には第一期治療と第二期治療があり、歯並びの状態や顎の成長によって治療方法が変わります。 まず第一期治療ですが、これは乳歯と永久歯が混ざって生えている時期に行います。 顎の成長やバランスをコントロールする治療を行い、治療期間は10ヶ月~1年半くらいになります。

次に第二期治療ですが、これは永久歯が完全に生えそろった後に行います。 ブラケットやワイヤーなどで歯列矯正を行い、治療期間は1年半~2年半くらいになります。 ちなみに第一期治療後に第二期治療を行いますが、第二期治療の開始には数年待つこともあります。

治療のタイミングについて

子供の矯正といっても年齢に差がありますし、矯正の最適なタイミングは子供の状態によって異なります。 つまり、治療のタイミングについてはベストな時期を説明するのが難しいのです。 最も、顎の骨のバランスを良くすることを考えれば、成長期の小学生くらいの時期でなければなりません。

それでもベストなタイミングをこの場で断言することはできないですし、早すぎても遅すぎてもいけません。 このため子供の矯正を考える場合は早めに歯科医院に来院し、まずは相談してみてください。 歯科医が子供の歯の状態を実際に診ることで、ベストなタイミングを判断することができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 最後に、子供の矯正は早い方がいいのかについてまとめます。

1. 早い方がいい理由 :永久歯を抜歯しないですむ可能性が高い、顎の成長にとってプラスになるなど 2. 子供の矯正の期間について :第一期治療は10ヶ月~1年半、第二期治療は1年半~2年半が目安 3. 治療のタイミングについて :ベストなタイミングは子供の歯の状態によって変わるため、まずは相談する

これら3つのことから、子供の矯正は早い方がいいのかが分かります。 大人になってからでも矯正は可能ですが、子供の頃に早いうちから矯正した方が多くのメリットがあります。 永久歯の抜歯が必要ないのは自分の歯を守ることになりますし、将来の顎の関節の痛みなども防げます。 さらに本格矯正が短期間で終わる上、矯正装置を装着する悩みも子供だと負担が少ないのです。

このため「子供の矯正は早い方がいい」が結論になりますが、 肝心のタイミングはここで断言できないですし、子供の歯の状態によってベストタイミングは異なります。 だからこそ、子供の矯正を考えているのであれば早めに歯科医院に来院して歯科医に相談してください。 当院でもこうした相談は受け付けているので、検討段階だとしてもお気軽にご来院ください。

どんな矯正装置があるの? [2017年08月01日]

文京区護国寺駅近くの歯医者さん、ミューズ矯正歯科です。
今回のテーマは「矯正装置の種類」です。
歯の矯正をしている人をイメージすると、歯に金属の矯正装置を装着している姿を想像すると思います。

確かにそれはブラケットという一般的な矯正装置ですが、矯正装置の種類はそれだけではありません。
実際には矯正装置にはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なるのです。
そこで、ここでは矯正装置にはどんな種類のものがあるのかを紹介していきます。

1. 金属ブラケット

冒頭で説明したタイプのもので、矯正装置の中で最も一般的なものになります。
通常はステンレスとスチールの合金でできているのですが、
金属アレルギーの患者さんを考慮したチタン製のタイプのものも存在します。

最も一般的な矯正装置だけあってほとんどの症例に対応でき、さらに費用が安めなのがメリットです。
また、金属なので耐久性も高く、歯に掛ける力を調整しやすいという特徴もあります。
ただし金属ブラケットは目立つため、一目で矯正治療中と分かってしまう審美性の低さがデメリットです。

2. リンガルブラケット

裏側矯正や舌側矯正と呼ばれることもあります。矯正装置の形状自体は金属ブラケットとほぼ同じですが、
リンガルブラケットは歯の裏側に装着するため目立ちにくいというメリットがあります。
このため、人前に出る機会の多い仕事をしている人が希望することの多い矯正装置です。

裏側に装着するという仕様は目立たないというメリットを生みますが、
同時に発音がしづらくなるというメリットも生んでいるため、装着した当初は発音するのに慣れが必要です。
リンガルブラケットを作るには高度な技巧技術が求められるため、その分費用が高めに設定されています。

3. マウスピース

目立たない矯正装置として位置づけられており、自分で取り外しできるのが特徴です。
このため食事などで苦労することはないですが、矯正治療の効果を発揮させるには長時間の装着が必要です。
取り外した状態はもちろんとして、装着時も透明感があるので目立ちにくいのがメリットです。

デメリットとしては歯を動かす力がブラケットタイプよりも弱いため、軽度の症状しか対応できないことです。
ちなみに、マウスピース矯正においてはマウスピース自体にもいくつかの種類があります。
例えばインビザラインやアソアライナーといったもので、歯科医院ごとで取り扱っているタイプが異なります。

4. インプラント矯正

歯を動かす固定源にインプラントを使用するという新しい矯正方法です。
目立たないといった審美性は無視して、何よりも矯正治療の効果を最優先しています。
このため一般の矯正では不可能とされるような難しい症例にも対応できます。

デメリットとしてはインプラントを埋め入れるための手術が必要になることで、
子供の場合はこのインプラント矯正を受けることはできません。
また、インプラント矯正自体行っている歯科医院が少ないため、対応できる歯科医院が限られてしまいます。

5. 床矯正

床は「しょう」と読み、これは入れ歯に似たプレート状の矯正装置です。
矯正治療は歯並びの悪さを改善するために行うものですが、
歯並びが悪いのは歯の並ぶスペースが足りないことが原因になっています。

床矯正では矯正装置にネジがついており、そのネジを段階的にしめることで歯列の幅を広げます。
こうして歯の並ぶスペースを作ることができるため、抜歯せずに矯正治療できるのがメリットです。
ただし、この方法は顎の成長期である子供に効果的なため、成人した大人には向かないのがデメリットです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、矯正装置の種類についてまとめます。

1. 金属ブラケット :最も一般的なタイプ。費用が安めで効果も高いが、非常に目立つ審美性の低さが欠点
2. リンガルブラケット :裏側に装着するので目立たない利点があるが、裏側にある分発音しづらくなる
3. マウスピース :目立たない上に自分で取り外しできる。矯正の効果は弱く、対応できる症例が限られる
4. インプラント矯正 :難しい症例にも対応できるほど効果は高いが、対応している歯科医院が少ない
5. 床矯正 :抜歯せずに歯の並ぶスペースを確保できるが、成人した大人には効果は期待できない

これら5つのことから、矯正装置の種類が分かります。
例えば虫歯治療の場合は、歯科医の腕の違いはあっても治療方法自体はどの歯科医院も基本的に同じです。
しかし矯正治療はそうではなく、歯科医院ごとで異なる部分が多いのです。
歯科医の腕の違いで矯正治療の効果に差が出ますし、対応している矯正方法…つまり矯正装置も異なります。

つまり、今回挙げた以外の矯正装置を扱っている歯科医院もあるでしょうし、
例えばブラケットタイプでも金属とは異なる材質のものを扱っている歯科医院だってあるでしょう。
このため、理想はまず全ての矯正装置の種類とそれぞれの特徴を知って自分が望む矯正装置を考え、
その上でその矯正装置を扱っている歯科医院を探して相談するのがいいでしょう。